様々な病気の中で、愛犬の命を脅かす危険性のある犬フィラリア症。

「感染する前にしっかりと予防しておきたい」

と思われる方も多いのではないでしょうか。

犬フィラリア症予防薬の中でもとびきり人気の高い「ストロングハートチュアブル」。

今回はこの薬の効果、成分、副作用、価格、口コミなどを詳しくご紹介します。

 

ストロングハートチュアブルってどんな薬?

ストロングハートチュアブルは犬フィラリア症予防薬として開発された薬ですが、フィラリア症予防以外にも「消化管内線虫の駆除」にも効果があると言われています。

ストロングハートチュアブルを製作しているのは「サヴァ・ヴェット社」です。

この会社はジェネリック医薬品の製造に力を入れている「動物医薬品製造メーカー」です。

 

ストロングハートチュアブル以外にも、

  • キウォフハート
  • フィプロフォートプラス
  • キウォフプラス

の製造も行っています。

 

実はストロングハートは「カルドメック」のジェネリック医薬品なんです。

 

カルドメックチュアブルは

  • 日本で初めて認可された犬フィラリア症予防薬
  • 安全性が非常に高いと医学的にも好評

と、とても人気のある犬フィラリア症予防薬なのです。

 

そのジェネリック医薬品であることもあり、

  • 有効成分の量も効能も全く同じ
  • 服用時の危険性が低い
  • 価格も安い

と抜群の効果を発揮するため、ストロングハートチュアブルは犬フィラリア症予防薬として、とても人気がある薬なのです。

 

ペットのわんちゃんが食べやすいように

  • 犬の好みやすい匂いと味
  • おやつタイプの薬

と工夫がされているため、愛犬に飲ませやすいことも人気の理由です。

ストロングハートチュアブルに配合されている成分

ストロングハートチュアブルの主成分は、

  • イベルメクチン:体内に侵入したフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を駆除
  • ピランテル:消化管内に発生した線虫類の駆除

の2つです。

 

この2つの有効成分は犬フィラリア症の予防に絶大な効果を発揮します。

その効果は「ほぼ100%予防可能」と言われるほどです。

この手の薬で、100%と言われているのがすごいですよね!

もともと、犬フィラリア症は予防薬で対応することで、感染を100%予防できる病気であると言われています。

大切な愛犬の健康を保つためにも、犬フィラリア症の発症時期になる前に、しっかりと投与して予防しておきましょう。

犬フィラリア症の発症時期

犬フィラリア症の発症時期は4月~12月です。

厳密には「蚊の発生する時期~蚊がいなくなってから2ヶ月後まで」と言われているので、地域によって投与する期間にズレがあります。

ストロングハートチュアブルは1ヶ月に1個の目安で投与する必要があるため、この9ヶ月間投与をしていれば、犬フィラリア症を防ぐことができます。

ストロングハートチュアブルの投与時期と価格

ストロングハートチュアブルの価格は、1箱6個入り(6ヶ月分)で、

  • 小型犬用(11㎏未満)  2,700円(税込)
  • 中型犬用(12㎏~22㎏) 2,900円(税込)
  • 大型犬用(23㎏~45kg) 3,000円(税込)

です。

 

カルドメックチュアブルの価格

  • 小型犬用(5.7kg~11.3kg) 5,200円(税込)
  • 中型犬用(11.4kg~22.6kg)5,400円(税込)
  • 大型犬用(22.7kg~45.3kg)6,500円(税込)

なので、大型犬用を比べると54%も安い価格設定になっています。

 

小・中型犬用を比べても約半額なのに配合成分と効果が同じなのでとってもお得ですね!

さらに、愛犬が2匹、3匹といらっしゃる方には、まとめ買いでさらに割引されます。

 

小型犬用
  • 2箱:4,600円(1箱あたり14%引きの2,300円!)
  • 3箱:6,600円(1箱あたり18%引きの2,200円!)
  • 4箱~9箱:1箱あたり22%引きの2,100円!
  • 10箱:1箱あたり29%引きの1,900円!

 

中型犬用
  • 10箱:1箱あたり43%引きの2,200円!

 

大型犬用
  • 2箱:5,400円(1箱あたり10%引きの2,700円!)
  • 3箱:7,800円(1箱あたり13%引きの2,600円!)
  • 4箱~9箱:1箱あたり16%引きの2,500円!
  • 10箱:1箱あたり23%もお得に!

 

それにしても、カルドメックチュアブルと比べるとすごい差ですね。

ジェネリック医薬品ってやっぱりすごい!

ストロングハートチュアブルの副作用

ストロングハートチュアブルの副作用はほとんどないと言われていますが、極稀に

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 痙攣
  • 意欲低下

がある可能性もあります。

このような症状が見られたら服用を中止し、医師の診断を受けてください。

 

また、ストロングハートチュアブルは「予防薬」であるため、犬フィラリア症に感染している愛犬には使用してはいけません。

 

仮にすでに犬フィラリア症に感染している犬に使用してしまった場合、

  • 歩行異常
  • 皮膚アレルギー

を引き起こす可能性があり、ひどい場合だとショック死を起こしてしまう可能性もあります。

 

確実に感染の疑いのない場合を除いて、特に犬フィラリア症が発症する時期から投薬を開始する場合は医師の診断を受けてから服用を開始するようにしましょう。

ストロングハートチュアブルの口コミ

気になるストロングハートチュアブルの口コミですが、ネット上を探してみると、

甘い匂いのする薬でペットがパクパク食べていました。お腹を壊したり、吐き出すこともなく手間なく使うことができました。
ペットが喜んで食べてくれてよかったです。全く嫌がらず、むしゃむしゃ食べていました。
中型犬用を半分ににして小型犬に使用しています。食いつき、効果等に問題なく使用できています。
ハサミで簡単に半分にできますし、価格も安く言うことなしです!
パクパク食べてくれて、錠剤タイプに比べて与えるのがとっても楽で助かっています!
うちのペットはすごく神経質で他の薬だと警戒して飲んでくれませんでした。無理矢理飲ませようとして暴れることも…笑
でもストロングハートチュアブルは全く警戒をせずに飲んでくれました!価格も安いのに飲ませる手間いらず、愛犬も餌に混ぜなくても食べてくれると犬フィラリア症予防薬はもうこれで決まりって感じです!

 

このように、

  • ペットが進んで食べてくれる
  • 警戒心のあるペットにも効果的
  • 中型犬用を半分にカットして小型犬へ
  • 価格が非常に安い

という良い口コミばかりでした。

 

逆に悪い口コミが全く見つからず…

この手の薬で悪い口コミがないってすごいですね!驚

犬フィラリア症予防薬はこれしかないというくらい、口コミでもすごい人気でした!

さすが人気NO.1の犬フィラリア症予防薬ですね!

犬フィラリア症になる前に、ストロングハートチュアブルで予防を!

 

犬フィラリア症はひどい場合は愛犬が死に至る場合もあるとても怖い病気です。

そのため、感染してしまう前にきちんと予防をすることが必要です。

とは言っても「蚊」が媒体となるため、防ごうと思ってもなかなか防ぐ手段がありません。

そこで効果的な予防薬「ストロングハートチュアブル」。

 

犬フィラリア症予防薬として有名な「カルドメックチュアブルのジェネリック医薬品」で、コストパフォーマンスも抜群!

 

安いのに、ペットがパクパク食べてくれて、おやつ感覚で与えられるのも魅力です。

今年の夏はストロングハートチュアブルで愛犬を犬フィラリア症から守ってみませんか?