ペット情報
  • 雑種
  • 6歳
  • 5kg
  • 病名/尿管結石、尿毒症、膀胱炎、三年前
  • 薬名/フロモックス

病気の症状や特徴は?
尿管に結石が出来て詰まる。尿が出なくなり尿毒症と膀胱炎になった

猫砂に血の跡のようなもの見つけました

トイレ掃除の時に猫砂に血の跡のようなものを見つけて、気をつけて見ていたらトイレで踏ん張るが尿が出ない、または少しだけちょろっとしては砂をかける。

出ないせいか何度もトイレにいく、ストレスで喉が乾くのか水を異様に飲む、心なしかお腹が膨れているようにも見えました。

トイレとの往復以外はダルそうに元気がなく丸まっていて フードもあまり食べようとせず寝てばかりいるのでおかしいと思い、即座に動物病院に電話をして相談。即座に来院をすすめられましたのでその日のうちに連れていきました

原因と治療方法

原因は同居猫との折り合いが悪いことによるストレスと結石が出来やすい体質だそうです。

治療方法は獣医師からの処方された「フロモックス」を1日一回、錠剤を飲ませる。

期間はトータル二週間ほどです。

飲ませて3日ほどでフードを食べられるくらいに回復しました。

一週間ほどでほぼ全快し、三年たった今では健康に元気に暮らしています

定期的におなかをチェックしています

それまではなつっこく元気な猫で病気とは無縁。と考えていましたが下手をすれば命を落としていたんだな、と思うともっと食べ物や環境、健康に気をつけてあげないとと思いました。

フードは結石が出来やすい子向けのロイヤルカナンにしましたしトイレ砂は血尿が分かりやすいように紙に変更。

定期的に御腹をさわって尿でぱんぱんになっていないかチェックもしています。

体質的に結石が出来やすいとわかったので 今でも特にトイレは常に気にするようにしています。

トイレのチェック、フードの徹底、健康診断で予防を!

結石とそれに引き起こされる膀胱炎、尿毒症は猫にとても多い病気です。

手遅れになりやすく、その上悪化が非常に早いので日頃から気をつけてあげて下さい。

トイレのチェック、フードの徹底、健康診断でも予防になります。

もし、おかしいと思ったら早めに専門医に相談して症状にあったお薬を飲ませてあげてくださいね!

また貰ったお薬は、もう大丈夫。と自己判断でやめたりしないで絶対に飲ませきってください。

薬も劣化するので 次に具合が悪くなったら飲ませよう、と思っては絶対にダメですよ!