ペット情報
  • 柴犬
  • 6歳
  • 7kg
  • 病名/アトピー性皮膚炎、2ヶ月前
  • 薬名/リンデロンの塗り薬

病気の症状や特徴は?
とても痒がり、自分で痒い部分を噛んだり、地面にこすりつけたりする。
場所を見てみると、痒がっていた前足の付け根部分が赤くなり、少しプツプツした湿疹が数個できていた。

前足を自分で噛むようになりました

初めは少し痒がっている位でしたが、いつも同じ前足のあたりをしきりと自分で噛むようになり、噛んだ後もクルクルと回っていてイライラしているように見えた。

その痒がっている部分をシャンプーの際によく見てみると、皮膚が少し赤くなっていて、更に小さな湿疹がポツポツと計7~8個出来ていて、その部分に触ると、犬も余計に痒くなるのか、また自分で噛んでクルクル回って、噛んでしまう行動を繰り返す。

本当はいつ頃から痒かったのか分からず、気づいてあげられなくて申し訳ない気持ちでした。

原因と治療方法

原因ですが、病院ではストレスや食べ物の種類など、はっきりは分からないと言われました。

動物病院の主治医から治療方法として「リンデロン」の塗り薬を処方して頂きました。

一週間に2回ほど、シャンプーしてあげた後にリンデロンの塗り薬を患部に塗りました。

1ヶ月も経たないうちに赤みは治り、湿疹は少しづつ減って、ちょうど1ヶ月くらいで完治しました。

もっと早く受診すべきだったと後悔…

はじめ、赤みと湿疹を見つけた時は、夏の暑さで『あせも』程度かと思い、しばらく様子を見ていました。

それでも全くよくならず、動物病院を受診し、先生に『とても痒そうですね』と言われた時は、もっと早く受診してあげれば良かったと後悔しました。

また薬を塗るのも始めてで、副作用などが心配でしたが、短期間であれば大丈夫と言われ、不安ながらもシャンプーの度に1週間に2回塗布しました。

症状が2週間を過ぎたあたりから、赤みが消えてきて改善が見てとれるようになったので、ひと安心しました。

いつから痒かったんだろうと考えると、気づくのが遅くて申し訳なく思いました。

早期発見に繋がるような健康管理でペットを守りましょう!

うちの柴犬は、多分、皮膚炎になって早期に発見でき、比較的早期に治療できた方だと思います。

このまま気づかずにいたら、症状はどんどん悪化し、犬自身が舐めたり噛んだりして、化膿したり広がったり、広範囲に湿疹ができたりすれば、人間と同じようにイライラが募って、お散歩にも行けなくなっていたと思います。

言葉がしゃべれない分、いつもと少しでも違う行動を繰り返ししている姿を見かけたら、是非、どこか調子が悪いのか?を気にして見てあげてほしいと思います。

私ももっと早く気づいてあげたかったと後悔しています。