ペット情報
  • 柴犬
  • 9歳
  • 17kg
  • 病名/アレルギー性皮膚炎
  • 薬名/プレドニゾロン

病気の症状や特徴は?
痒み、毛が生えないほど舐める・噛む

同じ部位を毛がなくなるほど噛みだした愛犬

いつも以上に執拗に同じ部位を舐めたり、噛んだりしており、最初はちょっとかゆいだけかな?と思っていましたが、だんだんと痒みがひどくなりついには毛が生えないほど噛みだし、なめたりしていました。

最初は様子をみていましたが、一向に治る様子がなかったのでいつも狂犬病やワクチンを接種している近くの動物病院へ診察にいきました。

柴犬は皮膚が弱く季節の変わり目などは痒みは出ているようだったので気にしていませんでしたが、毛がなくなるほど噛みだしたのは初めてだったのでさすがに心配になりました。

原因と治療方法

原因は季節の変化によるものだろうとのことでした。

治療方法は診察していただいた動物病院で処方された「プレドニゾロン」を2週間、毎日朝1錠与えました。

痒みは軽減したようで毛もはえてきました。口喝が副作用になるので、水をよく飲んでいました。

散歩の回数は1日2回でしたが3回に増やしました。1週間で効果が出てきて1か月で毛が生えてきました

完治してほっとしています

このまま禿げたりもっと痒みのある部位が増えたらどうしようかと不安に思いました。

またアレルギー性皮膚炎ではなく悪性疾患ではないかとも考えると不安でした。

初めて飼ったわんこでしたし、家族と同じようにかわいがっていました。

今まで禿げるほぼ舐めたり噛んだりしたことはなかったので、さすがに心配になりましたが無事ステロイドは奏功して皮膚炎が完治してほっとしました。

ステロイドの副作用も口喝だけで、免疫力が低下したようなこともなかったので安心しました。

気になったら、まずは病院で受診を!

まずは動物病院へ行ってみることをおすすめします。

薬局などでかゆみ止めなど売っていますが人間用のを安易に使用しないようにしてください。

どのような副作用があらわれるかわかりません。人間に比べて腎臓も肝臓も小さく薬の代謝状況も人間とは異なります。

動物病院が怖いというわんこもいると思いますが、もし診察ができなうようであれば写真をとって獣医さんに見ていただくということもできるかと思います。

小さいころから動物病院の前を通ってみたり、お菓子をあげたりして獣医さんに慣れておくののも一つだと思います。