>>『カロダイル』の格安通販<<

 

人でもペットでも起こり得る関節炎。

関節炎にかかったことのある方ならお分かりいただけると思いますが、
少し動いただけで身体が痛くて、仕事をするのか辛かったり、家事に支障をきたしたりと大きな苦痛が伴います。

ペットであれば、動き回ることができなくなってしまうため、散歩にいけなかったり、元気がなくなってしまったり、これらが原因で他の病気を併発してしまったりと早急な対応が必要とされる病気でもあります。

 

そこで今回は、種類も豊富で関節炎によく効くと話題の「カロダイル」の価格や特徴、効果、主成分、使用上の注意や副作用、口コミをお伝えします。

 

ペットの関節炎、および似た症状でお困りの方はぜひ参考にしてください!

 

カロダイルの価格

ペットの関節炎に効果的なカロダイルは有効成分カルプロフェン75mg配合で1箱60錠入りのものだと4,300円です。

 

カロダイルには主成分カルプロフェンの配合量、錠数により豊富な種類があり、

  • 25mg4錠
  • 25mg60錠
  • 75mg4錠
  • 75mg60錠
  • 100mg4錠
  • 100mg60錠

がありますので、ペットの体重や必要量に応じてお買い求めください。

 

関節炎を発症して通院するとなると、診察代だけでもそれなりにしますし、薬を処方してもらうとなると、余計に費用がかかってしまいます。

ネットで手軽に購入することができ、病院と比べて格安で入手できるのは嬉しいですね!

関節炎は人でもペットでも再発しやすい病気と言われているため、薬の投与も短期間で済むものから長期に渡るものまで様々です。

長期になるとその分費用が高くなってしまって経済的にも辛くなるという方はぜひこちらのサイトをご覧ください!

 

こちらのサイトでは、まとめ買いを行うと1箱当たりの価格が安くなるまとめ買い割引サービスがあります。

  • 1箱:4,300円
  • 2箱:8,400円(1箱あたり4,200円)2%引き
  • 3箱:12,300円(1箱あたり4,100円)4%引き
  • 5箱:20,000円(1箱あたり4,000円)6%引き
  • 10箱:39,000円(1箱あたり3,900円)9%引き

と、購入数に応じて価格が決まるため、

  • 長期の投与が必要な方
  • 再発に備えて常備薬としておきたい方
  • 多頭飼いの方

など、多く薬を購入したい方にとってはとてもうれしいサービスですね!

 

他にも、近隣で同じ症状でお困りの方がいれば、誘って一緒に購入するだけで安くなるのでぜひ活用したいサービスですね!

10箱まとめ買いを行った場合だと、1箱ずつ購入した場合に比べて4,000円も安くなるのでおススメです!

 

関節炎になってしまい、

  • 薬代が高くて困っている
  • 病院にもなかなか連れて行けない
  • 近くに同じ悩みを抱えている方がいる

という方は、ぜひ一度お得なまとめ買いサービスを利用してみてください!

カロダイルの特徴、効果、主成分

カロダイルは骨の関節炎や痛みに効果があると人気の「リマダイル」のジェネリック医薬品です。

 

安全性も非常に高く、体重2kg以上の犬であれば、犬種を問わず使用することができます。

主成分のカルプロフェンは、アリルプロピオン酸と呼ばれる非ステロイド性抗炎症成分です。

 

骨関節炎等の運動器官の疾患に伴う炎症や疼痛の緩和に対して効果的で、

  • 強い抗炎症作用
  • 鎮痛作用

を持っている成分でもあります。

 

人間の関節炎で通常使用されるロキソプロフェンやジクロフェナク等と同じ非ステロイド性抗炎症薬なので、安全性も高いのです。

炎症はプロスタグランジンと呼ばれる物質が生成されることによって引き起こされます。

プロスタグランジンはシクロオキシゲナーゼという酵素が関与することで合成されますが、カロダイルはそのシクロオキシゲナーゼを阻害することで、プロスタグランジンの合成を抑えます。

これにより、炎症や痛みの発症を抑制する効果があるのです。

他にも、犬の進行性関節痛や慢性的な炎症の原因は加齢による軟骨の減りと言われています。

軟骨がすり減ってしまうことで痛みが生じてしまうのです。

これは人間も同じで、加齢により軟骨成分が徐々に減少し、日常生活や日頃の運動で関節を動かし続けることで関節同士が擦れてしまい、痛みを誘発し、炎症の原因となるのです。

炎症が長期に渡ると慢性炎症へとつながり、痛みも増していきます。

 

犬の場合だと、

  • 体重がかかる前足の足首
  • 後ろ脚のひざ
  • 股関節

に負担がかかりやすく、これらの部位に炎症が生じやすいと言われています。

 

具体的な症状としては、

  • 関節部分が腫れる
  • 関節の変形
  • 痛みが生じている部分に熱がある
  • 足に触れたら敏感に反応したり、吠える
  • 動作が遅い
  • 歩行スピードが落ちる
  • 歩き方がぎこちない
  • 下を向きながら歩く
  • 背中を丸めながら歩く
  • 腰を浮かして腰を左右に振りながら歩く
  • 歩き始めがゆっくり
  • 足を引きずって歩いている

などの動作が見られます。

 

また、日常生活においては、

  • 元気がない
  • 段差を避けて歩こうとする
  • おもちゃ等に興味を示さない
  • 動こうとしない
  • 散歩へ行きたがらない
  • 食事やおやつに対しても興味を示さない

等のそぶりを見せるようになります。

 

このような行動が見られた場合は、関節炎の可能性が十分にあるため、速いタイミングで医師の診断を受けるようにしましょう。

使用上の注意と副作用

犬に対して、体重1kgあたり4.4mgを1日量として、1日1回または2回に分けて服用させてください。

種類によって配合量が異なるため、ペットの体重にあったタイプを選ぶように気をつけてください。

服用量を誤ると副作用の原因となるため、心配な場合は医師に相談して適切な服用量を確認するようにしましょう。

1日1回ないし、2回に分けて、服用量を守って投与するようにしてください。

このとき、1回投与を忘れたからといって2回分の量を投与すると思わぬ副作用が起こる可能性があるため、必ず1回分の投与量は守って服用するようにしましょう。

服用を開始したら14日ごとに医師の診断を受けるようにしてください。

ペットの状態な症状によって投与量が変わる場合があるため、医師の診断、判断を仰ぐようにしてください。

 

副作用としては、稀に

  • 食欲不振
  • 元気がなくなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 肝不全
  • 腎不全

が起こることがあると言われています。

 

これらの症状が見られたら服用をいったん中止し、医師の診断を受けるようにしてください。

また、カルプロフェンの影響で、黒っぽい便や血が混ざった便が出る場合があります。

これはカルプロフェンが浸透することで胃の粘膜量が少なくなり、胃が荒れてしまうために引き起こされると言われています。

カロダイルは犬には投与可能ですが、それ以外の動物には投与できないので、誤って投与しないように注意が必要です。

さらに、「妊娠中」「授乳中」の犬には服用できません。

他の薬と併用をする場合は、出血のリスクを下げるためにも必ず医師に相談して許可をもらってから投与を開始してください。

 

なお、

  • 肝臓や腎臓の機能が低下している犬
  • 出血をよくしてしまう犬

はなるべく投与をしないようにし、別の薬にした方が安全であると言えます。

カロダイルの口コミ

関節炎に非常に効果が出る「カロダイル」。

実際に使用した方の口コミをまとめました!

恒例の大型犬ですが、昔から服用しており、今でも元気にしています。
膝を痛がるそぶりもなく、効果がしっかりと出ているのを実感しています。
クーポンで安く購入できたため、まとめ買いをしました。
元々股関節が弱いようで、冬だけでなく時折歩くのがつらそうにするため、飲ませるようにしています。
楽しそうに部屋を歩き回るので、すぐに気づけるし、薬を飲ませるとすぐに元気になるので、痛みや違和感がなくなってるのを感じます。
少しでも楽に過ごせてほしいので、これからもカロダイルを使っていきたいと思います!
最近、散歩時に駆け足でなくゆっくり歩いたり、段差の前で止まったりしていて、触ってみるとどうやら足の関節が痛むようで…。
高齢なので仕方ないと思っていましたが、ダメもとで医師に相談をしたところ、痛み止めとサプリメントで改善すると言われたので、ネットで検索し、カロダイルを見つけました。
少しずつですが、歩くのが楽そうになってきているので、これからも続けていきたいと思います!
足を引きずるようなしぐさを見せるようになり、捻挫や骨折を疑いましたが、触ってみても何も反応しませんでした。
家の中で階段から落ちた際にどこかを痛めてしまったのか、炎症を起こしたのか判断ができず、医師に相談をしてみたら炎症による痛みであろうと診断を受けたため、ネットで薬を探してカロダイルを見つけました。
投与を始めて3週目で以前の通り大暴れするようになり、使用してよかったです!
軟便には困りましたが、元気になってくれてよかったです!
関節が痛いのか、夜になるとうなったり、吠えたりしていたため病院に連れて行き、処方された薬を投与していましたが、かなり高額で困っていました。
ネットでカロダイルを見つけ、安かったため試しに使ってみたら夜吠えることもなくなりぐっすり眠るようになりました。
胃の粘膜保護の薬もあるとより安心して使えると思います!
この薬を使い続けて、やっと自力で立って歩けるまで回復してくれました。
今までは自分の足で歩くことが出来なかった愛犬ですが、自分で歩けることがうれしいみたいです!
また愛犬と外をお散歩できる日を夢見て、投与を続けていきたいと思います!
冬になるとよく足を引きずっていたので、病院に行き薬をもらっていました。
しかし、病院の場合は1回でたくさんの薬を処方してくれず、病院にちょくちょくいくのも診察代や薬代がかかってしまうため、こちらで購入することにしました。
ジェネリックなので安心だし、リーズナブルな価格設定でとても助かっています。
左前足の関節炎の診断を受けた我が家の愛犬は、30mほど歩くのにもかなり時間がかかるほど状態が悪かったです。
散歩が好きなはずなのに、行きたがらず、病院で処方された薬も効き目がなく、半分諦めていました。
寝たきりになっても可哀想だと思い、ネットでいろいろと探したところ、カロダイルを知りました。
病院の高価な薬が全然効かなかったので、半分諦めていましたが、試しに飲ませてみると、3日目くらいから効果が出始めました。
3週間ほど経過すると、リードをつけないと苦情が出るくらいの速いペースで歩けるほどに回復しました!
痛みが減って嬉しそうにしていることがすごくわかります!カロダイルを試してみてよかったです!
春夏は全くないんですが、冬になると関節が辛そうで、この薬を使うようにしています。
以前骨折した際の後遺症で寒さで傷んでしまうようです。
カロダイルは消費期限も長いので、まとめ買いで安く購入できるのでありがたいです!
小さい時から関節が弱かったのですが、10歳を超えて冬は特に辛そうにしています。
散歩に行けないことで足腰も弱くなり、寝たきりになってしまうのも可哀想で、カロダイルとサプリメントの投与を始めました。
薬を飲むと大分楽になるようで、座ったり起きたり、玄関の段差も自力で上り下りするようになりました!
犬の楽しそうな姿を見ることができ、幸せです!
関節炎の診断を受け、病院で薬を処方してもらっていましたが、体重が多いので薬代がかかってしまい厳しかったです。
カロダイルは同じ成分なのに価格も安く、非常にありがたいです!
雪が降っている間にしっかりと治療して、春になったらまた元気に外に散歩にいきたいな。
愛犬が股関節形成不全の診断を受け、冬は特に痛がって動こうとしません。
そんなときもこの薬を飲ませると楽になるようで、元気に動き回るようになります。
これからもリピしていきたいと思います!
最近中型犬を譲り受けましたが、運動不足と肥満で股関節に障害を持っていました。
ゆっくりと運動や散歩をし始めましたが、やはり関節が痛むようで、カロダイルを使用しています。
医師に相談したところ、長期の使用も問題ないと聞き、安心して使用できています。
副作用もなく、体調もよくなってきたのでよかったです!
数カ月に1度、まとめ買いで購入しています。
ずっと元気でいてほしいですが、やはり痛くてつらそうなときもあるので、この薬で少しでも良くなってくれたらと思います。
今は薬を飲むと歩くのが楽しそうなので、安心して使えています!
我が家の愛犬は病院が大の嫌いで、連れて行こうとすると暴れていました。
ムリヤリ連れて行くとストレスなのか別のところが悪くなってしまい…わらにもすがる思いでカロダイルを注文しました。
飲み始めて1週間ほどで、嘘のように痛がらなくなりました!
もうこの薬は手放せません!我が家の常備薬です!

 

  • 病院で処方される薬より安い!
  • 同じ成分で効果もしっかりと出る!
  • 投与して症状が良くなった!
  • ないたりほえたりしなくなった
  • 元気な姿で走り回るようになった
  • 副作用がなかった!

と、カロダイルの価格や効果にまつわる口コミが非常にたくさんありました!

 

これなら人気が出るのも納得ですね!

痛みも辛さも和らげる関節炎治療薬「カロダイル」


人間と同様に、ペットにも起こる関節炎。

人間であれば症状を口に出して伝えることで原因ははっきりしますが、犬はそうともいきません。

 

様々な仕草から関節炎を見極めてあげ、薬を投与することで元気になるものなのです。

 

関節炎は、過去の怪我や老化等、様々な原因で引きおこりますが、しっかりとした対処を行えば痛みを和らげることができる病気でもあります。

大切な愛犬が痛みで苦しんでたり、元気に動き回れない姿を見ることが飼い主さんにとっても非常に辛いと思います。

動けないことで運動機能が徐々に失われ、ストレスを感じやすくなったり、活力がなくなったり…。

 

そうなる前に、きちんと病院で診察を受け、関節炎であれば、カロダイルを投与するようにしましょう!