ペット情報
  • ブリティッシュショートヘア
  • 5か月
  • 2kg
  • 病名/コクシジウム
  • 薬名/トリメトプリムサルファ、メトロニダゾール

病気の症状や特徴は?
寄生虫の一種で、主に下痢の症状があります。
大人の猫は発症することはほとんどないが、子猫はストレスなどによって免疫力が低下して発症する。

下痢がずっと続いていました…

飼い始めてからずっと下痢が続いていたため、病気だと思いました。

ペットショップから事前に、家に迎いいれた後はストレスで免疫力が低下して寄生虫による症状が出る可能性が高いと聞いており、数日経っても固いうんちが出なければ病院にいくことをアドバイスされていました。

本人は全く具合が悪いそぶりがなかったのですが、子猫は元々免疫力が低いので元気になるかがとても心配でした。診察を受けるまでは原因がわからなかったので、持病なのではないかと不安になりました。

治療方法

病院で処方された「コクシジウム」をシロップと混ぜ、注射器のようなもので口に入れていました。

4~5日程度、完治しましたが、薬が苦かったみたいで、口にいれたあと泡を吹いたので、次回は違う薬を使用したいと思います。

治療中もずっと心配でした

死に至るまでの病気ではなかったといえども、ずっと心配だったので、固形のうんちが出たときはとてもうれしかったです。

処方された薬はとても苦かったようで、飲んだ後は目を細めたり、泡のようなよだれを大量に吹いていたので薬を飲ませること事態がかわいそうだったので、もう飲ませなくてよいと思うとほっとしました。

同時に、薬は速効性はなく数日薬を飲ませていたため、薬の効能なのか自然に体外に寄生虫が排出されたのかもしれないと思ったし、本人は痛みも伴っておらず薬を飲むことの方が苦しかったように見えたため、薬は本当に必要だったのか疑問に思いました。

原因を特定することが先決です!

子猫の場合は免疫力が低く、ちょっとしたことで体調を崩すので、割りとよく下痢をすると思いますが、まずはアニマルクリニックへ行って診察してもらい、原因を特定する必要があると思います。

クリニックに連れていった時点で、下痢による軽い脱水症状を引き起こしていました。

また、そこで本人に与える薬が苦く、私のように猫が嫌がった場合はすぐにクリニックに相談すると対応策を考えていただけるので、無理矢理飲ませる必要はないかと思います。