ペット情報
  • スコティッシュフォールド
  • 1歳
  • 3.9kg
  • 病名/外耳炎、半年前
  • 薬名/動物用ウェルメイトL3

病気の症状や特徴は?
耳の中が真っ黒で、奥が見えない。

飼い猫の耳の中に綿棒を入れると真っ黒に

飼い猫が、ご飯のときでも、普段でも、しょっちゅう耳を気にしていた為、中を覗いてみたら、真っ黒だった。綿棒を入れて、軽く撫でるようにしてみただけで、綿棒が真っ黒になった。

予防診断のとき、医師に言って見てもらったら、スコティッシュフォールドはこうなりやすいとのことだった。

猫は、しゃべることができないから、どのくらい痒いのかわからなったが、きっととてもかゆいのだろうと感じ、もし一生かゆいのだとしたらと思うととてもかわいそうだと思った。

原因と治療方法

原因は耳が垂れている種類の為、換気が悪いからと言われました。

治療方法は「動物用ウェルメイトL3」を2日に1回、鼓膜に染み込むように1滴垂らします。

5秒くらい、顔をブルブルしないように押さえていました。期間は3カ月。

3週間くらいで効果がでてきて、汚れが少なくなってきた。約2カ月で治ったが、再発を防ぐ為、もう1カ月続け、完治したように見えるが、定期的に目視で確認するようにしている。

定期的に目視で確認しています

やっと猫自身、凄い痒みから解放させるのかと感じたため、ほっとした。再発しないように定期的に目視で確認するようにしている。

スコティッシュフォールドは耳がたれていて換気が悪い為、特に注意深く毎日のように黒くなってないか、目視で確認してあげないとまた再発して痒くなってしまったらかわいそうなので、カレンダーに確認した印をつけて、確認し忘れないように気をつけてあげないといけないとおもっている。

数日に一度は綿棒で耳掃除

動物病院へ連れいくのが、一番良い。全くよくならないとか、あまりに本人(動物)が嫌がるようなら、別の病院も検討する必要があると思う。

スコティッシュフォールドは、特に耳がたれていて、換気が悪い為、数日に一度は、軽く綿棒をしてあげたほうが良いと思う。

体を洗った後や湿度が高いときは、きちんと綿棒できれいにしてあけるべきだと思います。

ただ、綿棒をしすぎると、皮膚を痛めてしまう可能性もあると思うので、やりすぎないように気をつけてあげてほしい。