ペットには様々な病気がつきまとうものです。

私たち人間と比べて寿命も短いからこそ、「気がつくと病気になってしまっていた…」というケースも少なくありません。

 

今回は様々ある病気の中でもペットの「むくみ」にお悩みの方におすすめの「ダイトール」を紹介します。

 

ダイトールの価格や特徴、効果や主成分、使用上の注意に副作用、口コミとボリューム満点でお伝えします。

ペットのむくみでお困りの方はぜひ参考にしてください!

 

ダイトール10mgの価格

ペットのむくみ改善に効果のあるダイトール。

大人気の「ルプラック」のジェネリック医薬品として注目が集まる薬です。

 

ダイトール10mgは1箱3,380円(75錠入)ですが、複数購入するとさらに価格が安くなります!

  • 1箱:3,380円
  • 2箱:6,400円(1箱あたり3,200円)5%引き
  • 3箱:9,300円(1箱あたり3,100円)8%引き
  • 5箱:15,000円(1箱あたり3,000円)11%引き
  • 10箱:28,000円(1箱あたり2,800円)17%引き

と購入数が増えるほどお得になります!

 

むくみ改善以外にも様々な効用があるため、

  • 複数の症状も持っている
  • 他頭飼い
  • 近隣に別の病気にかかっていてダイトールが効く症状である

場合に、同時に購入することでとってもお得に病気を改善することができます。

 

近くに同じ悩みを持っている方がいらっしゃる場合は、一括購入したいところですね!

ダイトールの特徴、効果と主成分

ダイトールは水分や電解質の強力な排泄作用を引き起こすループ利尿薬です。

 

尿排泄を促進することで、

  • 心臓や腎臓、肝臓の機能低下によるむくみを治療
  • 高血圧の治療

を可能とする薬です。

 

主成分はでトラセミド、腎臓の尿細管に作用し、尿の排泄を促進する成分です。

 

ループ利尿薬は、作用が非常に強い薬であると言われており、カリウムを排泄してしまうため、

  • 高血圧
  • 疲労
  • 筋力低下
  • 抑うつ
  • 便秘

などの原因となることが多いです。

 

しかし、ダイトールには「カリウム保持」の性質があるため、他の利尿薬と比べて、

  • 低カリウム血症を起こす危険性が極めて低い
  • 食事の影響を受けない
  • 効果が均等に現れる

といった特徴があります。

 

この強力な利尿作用によってむくみの治療だけでなく、高血圧に対しても効果がある降圧薬として海外でも利用されています。

使用上の注意点と副作用

強力な利用作用により、むくみ改善と高血圧を改善するダイトールですが、本来は人間用の医薬品です。

なので、使用する場合は必ず医師に相談し、指導の元で服用するようにしてください。

塩分制限を行う食事療法を併用することで効果をさらにあげることができるので、ダイトールを服用するにあたり、食事改善も図るようにしましょう。

また、ダイトールは他の薬物との相互作用の可能性があるため、薬の併用に関しても医師に相談するようにしましょう。

 

副作用としては、

  • 脱水
  • 電解質異常

には注意が必要です。

 

利尿作用が強力なので、このような症状を起こさせないためにも水分補給はこまめにできる環境を整えましょう。

 

また、稀に、

  • 消化器障害
  • 聴覚毒性
  • 貧血
  • 白血球減少

などを引き起こす場合があるため、服用を開始してこのような異常が見られたらすぐに服用を中止し、医師の診断を受けるようにしましょう。

ダイトールでむくみ&高血圧改善!人にも使える安心な薬!


ダイトールはもともとは人間用の医薬品ですが、ペットにも使用ができる利尿促進薬です。

 

強力な尿排泄促進作用で、

  • 心臓や腎臓、肝臓の機能低下によるむくみを治療
  • 高血圧の治療

を可能とします。

 

従来のループ利尿薬でカリウム排泄により引き起こる

  • 高血圧
  • 疲労
  • 筋力低下
  • 抑うつ
  • 便秘

などの副作用を抑えるためにカリウム保持性を高め、

 

他のループ利尿薬と比べて

  • 低カリウム血症を起こす危険性が極めて低い
  • 食事の影響を受けない
  • 効果が均等に現れる

といった特徴があります。

 

副作用を引き起こす可能性もあるため、使用の際は必ず医師に相談をしてから服用するように注意しましょう。

ペットの気になるむくみもこの薬1つですっきり改善。

より健康的な状態を保つためにも、「むくみ」にお困りの方はぜひダイトールでむくみ改善を図りましょう!