>>『リクセン錠』の格安通販<<

 

ペットの安全を確保するうえで非常に恐ろしいのが感染症。

ちょっとしたウイルスや細菌の感染症が原因で他の大きな病気に発展することも少なくありません。

人間の風邪と同じように、かかりはじめに適切な対処が行われていれば、悪化してしまい、他の病気につながることを抑えることができます。

 

そこで今回は、感染症の治療に使わている「リクセン錠」のご紹介です!

 

様々な感染症の治療に使用されているリクセン錠の価格や特徴、効果、主成分、使用上の注意と副作用、口コミ等、詳しくご解説します。

 

価格について

様々な感染症に効果のあるリクセン錠は有効成分セファレキシンの配合量により2種類に分類されます。

 

1箱当たりの価格は300mg配合で1,890円、600mg配合で2,130円です。

 

病院で処方されるものと比べてかなり安く手に入るので、診察はきちんと受け、薬の処方は受けずにネットで購入した方がお得に治療をスタートできます。

体重1kgに対して1日1回15mg~30mgの投与が必要となるため、ペットに応じて使用回数が異なります。

治療が完了するには日数がかかりますし、ネットでは複数購入で割引率がどんどん上がる価格設定を行っているため、複数購入した方がお得に治療ができます。

 

300mg
  • 1箱:1,890円
  • 2箱:3,400円(1個あたり1,700円)10%引き
  • 3箱:4,800円(1個あたり1,600円)15%引き
  • 5箱:7,500円(1個あたり1,500円)20%引き
  • 10箱:14,000円(1個あたり1,400円)25%引き

 

600mg
  • 1箱:2,130円
  • 2箱:4,000円(1個あたり2,000円)6%引き
  • 3箱:5,700円(1個あたり1,900円)10%引き
  • 5箱:9,000円(1個あたり1,800円)15%引き
  • 10箱:17,000円(1個あたり1,700円)20%引き

 

10箱まとめて購入した場合、1個ずつ購入したときと比べて4,300円安くなります。

リクセン錠の特徴、効果、主成分

リクセン錠は様々な感染症に効果のある薬です。

 

代表的なものでいうと、

  • ブドウ球菌による皮膚感染症(膿皮症)
  • ウィルスや細菌などが原因の感染症(細菌性感染症)
  • 細菌皮膚感染症
  • 傷や腫瘍を含む皮下組織感染症
  • 腎炎や膀胱炎などの尿路感染症

に効果があります。

 

ペットが食べやすいように嗜好性の高いフレーバー性の錠剤なので、投与も手軽で簡単に行うことができます。

 

治療に必要な期間は、

  • 犬の表在性皮膚炎の治療:最低15日間
  • 犬の深在性皮膚炎の治療:最低28日間
  • 猫の皮膚・皮下組織の感染症の治療:5日間
  • 犬・猫の尿路感染症の治療:14日間

が目安です。

 

有効成分のセファレキシンの働きは細胞の細胞壁を破壊して死滅させることです。

これにより、特に犬のブドウ球菌による皮膚感染症(膿皮症)に効果があるとされています。

ペットの状態に応じて用量・用法・使用期間は変わるので、必ず医師の診断を受け、指示をもらって服用するようにしましょう。

使用上の注意点と副作用

リクセン錠は様々な感染症に効果のある薬ですが、併用してはならない薬や成分が存在します。

多岐にわたるため、他の医薬品やサプリメントを同時に服用したい場合は必ず医師に相談して、許可を得てからしようするようにしましょう。

 

また、投与後に稀に

  • 皮膚の発赤
  • 皮膚の荒れ

などの過敏性の症状が現れることがあります。

 

このような症状が見られた場合は、薬が効きすぎている可能性があるため、一度医師の診察を受けるようにしましょう。

リクセン錠の口コミ

皮膚感染症以外にも様々な感染症に効果のあるリクセン錠。

ネットでの口コミをまとめてみました!

老犬で身体の不調が目立ってきており、膿皮症にかかってしまいました。
シャンプーと塗り薬で対応をしていましたが、ひどくなったら病院で診察を受け、薬をもらっていました。
しかし次第に通院する回数が増え、金銭的にきつくなり始めました。そんなとき、ネットでリクセン錠をみつけ、購入しました。
病院でもらう薬よりやすく、老犬なのに効き目ばっちりで、少しずつ改善してきました。とてもありがたいです。
お腹の皮膚が赤らみ、かゆそうなしぐさをするようになったため、再度2箱購入しました。
投与するとすぐに赤みが引き、数日でかゆそうなしぐさや膿が出なくなりました。
我が家のわんこには相性ぴったりのお薬です。
今は感知しましたが、同様の症状が出るようであれば再度、購入したいと思います。
病院で膿皮症と診断を受けました。そこで処方された薬と薬用シャンプーで一度は治まりましたが、しばらくすると再発してしまい…
お腹など体毛のない皮膚がむき出しになり、その部分に膿がよくできるようになり、赤くなってかゆがるようになりました。
通院も薬の処方を受けるのもかなり費用がかかるため、1度ネットで試してみようと思い、膿皮症向けのリクセン錠を購入しました。
飲み始めて2日目には赤みが引き、1箱飲み終える頃にはかゆそうなしぐさもしなくなり、膿みも出なくなりました。
錠剤はなかなか飲んでくれませんでしたが、細かく砕いてエサに混ぜるとまったく気づかないようでいつもと同じように食べてくれます。
また再発したらお世話になろうと思います。
  • 飲み始めてすぐに効く
  • かゆそうなしぐさもなくなる
  • 病院より安い

という声がありました。

 

即効性が高く、費用も抑えることができるなんて嬉しい尽くしですね!

リクセン錠で感染症治療!ペットのかゆみをシャットアウト!


様々な感染症に効果のあるリクセン錠ですが、

  • ブドウ球菌による皮膚感染症(膿皮症)
  • ウィルスや細菌などが原因の感染症(細菌性感染症)
  • 細菌皮膚感染症
  • 傷や腫瘍を含む皮下組織感染症
  • 腎炎や膀胱炎などの尿路感染症

に抜群の効果を発揮します。

 

即効性が高いので、投与してすぐに効果を感じられる場合が多いです。

  • 皮膚の赤らみがなくなる
  • かゆそうな仕草をしなくなる
  • 膿みが出なくなる

など、症状の改善が見られたら投薬を中止して様子を見るのも1つの手です。

 

投薬前に、他の医薬品やサプリメントとの併用になる方は必ず医師に相談をして、許可をもらってから服用するようにしましょう。

リクセン錠には併用してはいけない成分があるので、必ず相談を行って下さい。

 

また、使用していて、

  • 皮膚の発赤
  • 皮膚の荒れ

などの過敏性の症状が出た場合も服用をやめ、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

膿皮症は見ているだけで痛そうで、とてもかわいそうな病気の1つです。

そんな症状を費用を抑えながら改善したいなら、リクセン錠がおススメです!

膿皮症で何度もお困りの方は一度、試してみませんか?