>>『ワイゾロン(プレドニゾロン)』の格安通販<<

 

ペットには様々な病気がつきものです。

ノミやダニだけではなく、様々な感染症や機能疾患など、気が付くと病気にかかっていたなんてことも少なくありません。

 

そこで、今回はリウマチ性の疾患や眼科疾患等に効果のある「ワイゾロン(プレドニゾロン)」をご紹介します!

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)の価格や特徴、効果、主成分、使用上の注意、副作用、口コミ等、詳しくお伝えしていきますので、ペットの薬選びにお困りの方は参考にして下さい。

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)の価格

様々な疾患系の病気に効果を発揮するワイゾロン(プレドニゾロン)。

 

1箱あたりの価格は90錠入りで1,898円です。

 

投与は1日1錠~2錠になるので、約1ヶ月半~3ヶ月分の用量です。

疾患系の病気の多くは、長期間の薬の投与が必要になるため、通院して薬を処方してもらうとなると年間を通じてかなりの費用になります。

そこで、少しでも薬代を抑えようと思ったらネットでの購入がおススメです。

ここでは、複数購入することでどんどん割引がされる価格設定になっています。

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)の価格は、

  • 1箱:1,898円
  • 2箱:3,400円(1個あたり1,700円)10%引き
  • 3箱:4,800円(1個あたり1,600円)15%引き
  • 5個:7,500円(1個あたり1,500円)20%引き
  • 10箱:11,000円(1個あたり1,100円)42%引き

と割引率も高めに設定されています!

 

10箱まとめて購入した場合、1個ずつ買った場合と比較すると7,980円もお得になります!

7箱分もお得になるなんて、割引サービスを使わない手はありませんね!

ワイゾロン(プレドニゾロン)の特徴・効果

抗炎症薬として皮膚炎や胃腸炎などに使われるワイゾロン(プレドニゾロン)

 

ですが、他にも、

  • 水泡症
  • ヘルペス
  • 皮膚や粘膜の過敏症
  • 剥離性皮膚炎

を鎮める効果があったり、

  • 結膜炎
  • 角膜炎

などの慢性的なアレルギー性疾患にも効果を発揮します。

 

また、

  • 呼吸器系疾患
  • 血液疾患
  • 腫瘍性疾患
  • 胃腸、肝臓疾患
  • 神経疾患

の治療にも使われる効用の広い薬です。

 

皮膚病の多くは生涯付き合っていかなければならないものが多いため、ワイゾロンの投与回数がかなり多くなることが予想されます。

ワイゾロン自体は体に蓄積し続けることはありませんが、体内で作られるホルモンと同じ成分であるため、長期的に使用をするとホルモン性の病気にかかる場合があります。

必ず医師の指導の下で用法、用量を守って正しく使用するようにしましょう。

ワイゾロン(プレドニゾロン)の主成分

ワイゾロン(プレドニゾロン)の主成分はプレドニゾロンという成分で、ステロイド性の抗炎症薬に位置づけられています。

 

もともと体の副腎では、

  • 電解質コルチコイド
  • 糖質コルチコイド

の2つのホルモンを分泌していますが、

 

糖質コルチコイドは

  • 糖代謝に関係する作用
  • 強い抗炎症作用を持っている

ことが特徴です。

 

さらに炎症が起きると細胞膜内にあるリン脂質から「アラキドン酸」が合成され、これを原料に、

  • プロスタグランジン類
  • トロンボキサン類
  • ロイコトルエン類

が作られ、炎症のきっかけとなります。

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)は合成された糖質コルチコイドで、この3つの合成を阻害することができるため炎症のきっかけを防ぐことができるため、強力な抗炎症作用を持っていると言われています。

使用上の注意点と副作用

必ず用法と用量を守って使うことが絶対条件です。

 

ステロイドは体内から水分を排出する働きがあるので、

  • 尿量が増える
  • 飲水量が増える

という症状が出ます。これは投薬をストップすることで改善されるため、心配なさらないでください。

 

また、通常時よりも多食傾向になるので、

  • 体重の増加
  • 肥満

になる場合もあります。

 

これが原因で、血糖値を上昇させ、糖尿病を誘発する場合があるため、注意が必要です。

糖尿病の場合は逆に痩せてくることが多いので、「食事量が変わらないのに痩せてきた」というケースでは必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

さらに、長期的に服用することによって、本来、体内で分泌される糖質コルチコイドの量が少なくなり、副腎が委縮することで「医原性クッシング症候群」と呼ばれるホルモンの病気になる場合があります。

この状態でステロイド薬の投与をいきなり中止してしまうと、急性副腎皮質機能不全を引き起こす可能性があるため、減薬する場合も必ず医師の指導に従って行うようにしましょう。

 

強力な薬なので、その分、使用の際に注意する点が多いですし、副作用の種類も豊富です。

 

専門的な知識が必要になるため、最初の投与のときからきちんと医師の診断を受け、服用するようにしましょう。

ワイゾロン(プレドニゾロン)の口コミ

強力な抗炎症薬「ワイゾロン(プレドニゾロン)」ですが、副作用も多く、使用の際に注意しなければならないことも他の薬に比べて多いです。

そうなると「うちの子には大丈夫なのか」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ワイゾロン(プレドニゾロン)の口コミを調べてみました。

いつもワイゾロン(プレドニゾロン)に助けられています。
「少し元気がないな」と思ったらすぐに投与するようにしています。
即効性があるので、1日~2日で元気になるので、とてもありがたい薬です。
「今日は様子が変だな、おかしいな」と思ったらすぐあげるようにしています。
トイプードルで1日に半錠を1度服用しています。投与し始めて2~3日でよくなってきますが、少しでも気が付くのが遅くなると、投与日数が長くなります。とても扱いやすい薬なので、我が家でも重宝しています!
多頭飼いなので、「常備薬」として購入をしました。
ペットが皮膚病なので通院をしていましたが、費用がかかって大変でした。
抗生物質を組み合わせて投与すると次第に良くなってきたのでよかったです。
愛犬の柴犬が9歳になりますが、耳をやたらと後ろ足でこすっていて、苦しんでいたため病院で診察を受けました。
処方された薬を投与して治療を開始しましたが、通院しても特別な処置をするわけでもなく、薬を飲ませておわりなので、費用を考えてネットで購入するようにしました。
断然安く済むので助かっています。
我が家の愛犬の命綱の薬です。突然歩けなくなってリンパ腫と心さんだれました。
愛犬にとって長時間の検査がとても大きな負担になるため、通院を断念しました。
ステロイド剤は検査を受けないと処方してもらえないため、こちらで購入をしました。
ワイゾロン(プレドニゾロン)を使用して、今では歩けるようになるまで回復をしましたが、いまだに闘病生活です。
この薬は愛犬にとってなくてはならない薬の1つです。
安かったのでオムナコチールから切り替えました。特に症状が悪化することもなく、副作用もないため、安心して使っています。
アレルギーを抑えるために投与していますが、効果もきちんと出ていて、変えてよかったと思います。
病院で診察を受けると「副腎皮質ホルモン剤が必要」と診断を受けました。
最初は処方された薬を使っていましたが、ワイゾロン(プレドニゾロン)と成分が同じだったため、こちらでの購入に切り替えました。
効果も病院のものと変わりなく、期待通りの成果でした。これからも購入を続けようと思います。
初めてネットでワイゾロン(プレドニゾロン)を購入しました。
病院で処方されるものと同じで効果もバッチリ!炎症がどうにも収まらないときにこの薬を使うようにしています。
ずっとオムナコチールを購入していましたが、同じ成分でワイゾロン(プレドニゾロン)の方が安かったので医師に確認した後で切り替えました。
特に問題はなく、効果もしっかりと出るため、これからはこの薬にしようと思います。

このように、

  • 病院で処方される薬より安い
  • 病院の薬と同じ成分で同じ効果
  • なくてはならない薬
  • オムナコチールより安い

など、、ワイゾロン(プレドニゾロン)の価格や効果にまつわる良い口コミが見受けられました。

 

元気がないときに投与するだけでみるみる元気がよみがえるなんて、常備薬として1家に1薬置いておくと、急なときに使えていいですね!

ワイゾロン(プレドニゾロン)で様々な病気を改善!


ワイゾロン(プレドニゾロン)は、抗炎症薬ですが、

  • 皮膚炎
  • 胃腸炎
  • 水泡症
  • ヘルペス
  • 皮膚や粘膜の過敏症
  • 剥離性皮膚炎

の鎮静効果があり、

  • 結膜炎
  • 角膜炎

などの慢性的なアレルギー性疾患にも作用し、

  • 呼吸器系疾患
  • 血液疾患
  • 腫瘍性疾患
  • 胃腸、肝臓疾患
  • 神経疾患

の治療にも使われる薬です。

 

強力な抗炎症薬なので、その分副作用も強いですし、使用には細心の注意が必要です。

 

しかし、ネットで手軽に購入することができ、病院で処方される薬と

  • 同じ成分
  • 同じ効果

を発揮してくれるため、常備薬として1つ置いておくだけでとても安心できる薬です。

 

長期間の服用を行う場合、投薬開始と投薬終了のタイミングで、副作用を防ぐために医師の診断は必要になりますが、短期間であればさほど問題は出ないようです。

 

しかしその際も、薬の副作用として現れる兆候があるため、きちんとどのような症状になるかを把握して使用するようにしましょう。

様々な炎症にワイゾロン(プレドニゾロン)で、ペットの突然の異変にしっかりと対処しましょう!