ペット情報
  • チワワ
  • 17歳
  • 2.2kg
  • 病名/僧帽弁閉鎖不全症
  • 薬名/ピモベハート

病気の症状や特徴は?
左心室から全身に送り出されるはずの血液の一部が、左心房に逆流してしまう病気です。

咳をして、そのまま倒れてしまいました

ある日、一緒に寝ていると急に布団から出て、「けっっ」と咳をしそのまま倒れました。

急いで抱き抱えると舌がだらんと出て真っ白に。

そして意識はなく、30秒ぐらいすると意識が戻りました。元々その子の親が心臓で無くなっています。

心臓が悪いと咳がよく出るはずですが、ほぼほぼ出ていなく、気付いてあげるのが遅かったです。

今は落ち着いていますが、たまに暴れたりすると舌の色が紫色になります。

薬を飲み始めて意識が飛ぶ事は無くなりました。

原因と治療方法

原因ですが、病院の先生には遺伝と言われました。

かかりつけ医が処方してくれた「ピモベハート」を倒れてから次の日に飲ませました。

ご飯と一緒に混ぜてあげています。飲み始めて4年になります。

薬を飲まし初めて1度も倒れていません。よく効いています。

心臓なので完治はしませんが、1週間ぐらいで効果が出ました。

また倒れるんじゃないかと不安です

暴れると舌の色が悪くなるのが心配です。しかし私の住んでいる所では心臓の手術が出来ません。

また犬も高齢の為、麻酔に耐える事が出来ないと思います。なので私は内科的治療で薬を飲ましてあげています。

夜になると意識を失った事を今だに思い出してしまい、また倒れるんじゃないかと不安になります。

仕事も自営業をしているので、毎日側にいてあげる事が出来ます。

また倒れないよう、家の中の環境、そして食事に気を付けてながら毎日を過ごしてもらえるようにしたいです。

ペットの病気に備えて保険に入ること!

病気は早期発見が必要です。

その為には毎日ワンちゃんの体を触ってあげたり側にいてあげる事が必要です。

少しでも、あれ?いつもと違うなと思った時はすぐに病院に連れて行ってあげてください。

費用がと思う方は、今では人間と同じようにわんちゃんにも保険がありますので、それをオススメします。

病院に行って損した事はありません。病気じゃなかったらそれで良しだし、病気が見つかれば薬や手術で治療出来ます。

大切な家族なので少しでも側にいてあげてください。