ペット情報
  • ミニチュアダックスフンド
  • 1歳9ヶ月
  • 8㎏
  • 病名/外耳炎
  • 薬名/イトラコナゾール50㎎

 

耳の中を見てみると、黒い汚れがびっしりとついていました

うちの子は少し前に「外耳炎」になりました。

最初は耳掃除をしようと思い、耳の中を見てみると黒く、綿棒についた汚れが臭ったのがきっかけです。

その次は、犬が痒そうに床に耳を擦り付けいたのを見掛けて耳を見てみると、やはり黒くなっていました。

上の子もなったことがあるのですが、耳がたっている子なので、早めに気付くことが出来たのですが、今回の子は垂れ耳のため、気付くのが遅れてしまいました。

痒みがでてくるほどまでになってしまうと、擦り付けるや掻くという仕草があるのですが、初期の初期は飼い主がまめに耳掃除をしてあげるなど、健康管理をきちんとしてあげないと分かりにくいと思います。

うちの子は擦り付けだすまで気づいてあげられなかったので、本当に可哀想なことをしたと思い、完治のために毎週病院へ行き、毎日薬も飲ませています。

今はあと一歩のところまできています。

薬を与えたおかげで少しずつ良くなっています

病院で言われたのは、暖かい部屋で、しかもストーブ等の暖房器具の前で寝たりしていたので、菌が繁殖しやすい環境だったのでは?ということでした。

処方された薬は「イトラコナゾール50㎎」

錠剤ですが、ご飯に紛れ込ませても残すことがあるので、口を開けさせて喉に放り込んでいます。

治療法は、投薬と通院で耳掃除をしてもらっています。

再発してから1ヶ月ほど続けています。経過は劇的にではありませんが少しずつ治ってきています。

今は毎週通院してきたのが2週間後、3週間後と期間をおいてで良いと言ってくれています。

薬の効果は2週間くらいで出始めたと思います。

今一ヶ月ほど経ちますが、もうあと一歩というところですね!

薬は中々飲んでくれませんでした・・・

もっと早く気付いてあげたら、耳の中が汚れやすい子なので定期的に耳掃除をしてあげていたらこんなに毎日薬を飲ませることはなかったのではと反省しています。

動物病院での診察はかしこく受けてくれるのですが、家で薬を飲ませるのがやはり大変です。

犬からしても美味しいものではないから食べたくない、でも飼い主としては治すために飲んでほしい。

すんなり飲み込んでくれる日もあるのですが、嫌がって必死に口を閉じているのを開けさせて薬を放り込む。

する側もされる側も辛いので、できればしたくないです。

定期的な耳掃除と健康診断で予防を!

犬はどこが痛い、痒い等、会話ができないので分かりにくいと思います。

耳の中が汚れやすい子や一度外耳炎になったことのある子なら、また再発する恐れもありますし、定期的な耳掃除が大切だと思いました。

耳掃除が嫌な子は、健康診断として病院に連れていくなどの予防対策が必要です。

完治しても、また再発する可能性はゼロではないので、耳を気にしているような仕草があれば、すぐ確認し、垢をとっても皮膚が赤みがかっているなどの症状があれば、病院に連れていってあげてください。