ペット情報
  • パグ
  • 6歳
  • 7kg
  • 病名/免疫不全症、外耳炎、男性ホルモンの異常
  • 薬名/ヒアルロンサン、パンスポリンT、ネオ、マラセブシャンプー

愛犬の闘病体験談(3年前)

ある日、異常に痒がりだました。もともとパグは毛がよく抜けるのですが、それでも抜ける量が異常に増え、何度コロコロをしても掃除機をかけても追いつかなくなりました。

そして、何とも言えない悪臭をはなつようになってきました。皮膚はベトベトし、耳には膿がたまり、分厚くなりました。

月に1度はシャンプーもしていて、顔のシワや耳も掃除していましたが、それでもかゆがるのでおかしいな、と思いました。

病院に行っても、私の管理不足だと責められ、毎日辛かったです。

病気の原因と治療方法について

現在の獣医師さんに出会い、いろいろと教えてもらうことができたのですが、もともと、ペットショップで売られているワンちゃんは遺伝的に異常がある子が多いんだということです。

そして、季節の変わり目など、急激に暑くなったりすると、暑さに弱いパグはついていけてないとのことです。

そして私のストレスがもろ愛犬に伝わり、それらが重なって病気になっているとのことです。

錠剤はマーガリンに包んであげました。週2でシャンプーしてました。シャンプーは、一度洗い、そのまま20分ほど放置してから流すよう指示されました。

正直、今までの動物病院での処方はなにも効果は出ませんでした。

現在の動物病院と出会い、病院内での注射により、かゆみも抑えられ、毛も生えてきて、私のストレスもなくなってきて、みるみる良くなりました。

ネオという薬も飲んでいました。計3年間、週1で通いました。

その病院に通い始めて1週間くらいで効果がではじめ、2年で完治しました。

病院の先生の言葉に救われました…

犬のにおいや、病院の先生からの責められる言葉でいつも傷つき、毎日悩んでいましたが、病院を変えて症状をみてくれたときに「大丈夫、治りますから」と言われ、今まで抱えていた思いが一気に溢れでて、大泣きしました。

治ります、という言葉は魔法の言葉でした。そして私自身笑うことも増え、楽に生きられるようになりました。

「あなたが飼い主で良かった。愛がないとこんなに通えないですからね」という言葉に救われました。本当に治って良かったです。

ペットは飼い主の鏡。そのことを忘れないで!

犬は、飼い主をいつでも見ています。飼い主が悩めば同じように悩んでいます。喋れなくても、いつでも心配して、同じようにストレスを抱えています。

飼い主が毎日楽しければワンちゃんもたのしいんです!飼い主のストレスが軽減されればワンちゃんのストレスも軽減されます!

ワンちゃんの病気に一度悩みだすと、本当に負のルーティーンです。

あなたの愛は、ワンちゃんに十分伝わっています。ワンちゃんはあなたが大好きです。いろんな病院へ行き、自分に合う先生を探してくださいね。