ペット情報
  • ゴールデンリトリバー
  • 10歳
  • 27kg
  • 病名/外耳炎
  • 薬名/ドルバロン

愛犬の耳からクサい臭いが・・・

なぜか、耳をしょっちゅう掻いていたので、おかしいなあーと思っていました。

そしたら何かくさい臭いがするようになってきました。

最初は首の辺りかなと思ったのですが、耳の中を見てみると耳の中全体的に、かさぶたが広がっていて汚くなっていました。

耳を引っ張って中のほうをのぞくと出血も見られました。

また、ちょっと耳を触ってあげると気持ちいいのと、ちょっと痛がるようなそぶりを見せました。初めてだったので、すごく心配しました。

薬で治療した結果

原因はイースト菌だったそうです。

薬はインターネットで調べ、ネットショップで購入しました。

その薬を耳の中に注入して、耳をモミモミして耳の中全体的に広げます。

2,3日後には炎症が引いてきました。一週間ほどすればほとんど炎症がとまっていました。

効果は絶大でした!

2週間に1回、耳掃除をしています

最初のほうは、すごく汚いかさぶたが取れてくるので、どうなるんだろうとすごく心配しました。

少しずつよくなってくると、それに伴い私も少しずつ安心するようになっていました。

一週間ぐらいするとずいぶんきれいになって来て、もう安心という感じになってきました。

ちょっと心配だったので、もう数日続けました。

この外耳炎は、また起こる可能性があるらしく、いまでは、2週間に1回ぐらい耳の中をきれいにして上げないと心配でたまりません。

外耳炎の再発防止のために!

犬の外耳炎は、一度なった犬は再発する可能性が高いらしいですので、成ってしまったらしょうがないので、しっかり直してあげて、その後は予防のために時々耳の中を洗ってあげることが大切らしいです。

そして、耳がたれている犬は、耳の中が湿りやすく、外耳炎になりやすいようなので、耳の中が乾燥するようにしてあげたらいいそうです。

そしてやはり定期健診は大事です。幸い、獣医に知り合いがいるので、気軽に聞くことができて、獣医のアドバイスは聞いたほうがいいと思います。