ペット情報
  • ミックス
  • 6歳
  • 4kg
  • 病名/慢性腎不全
  • 薬名/フォルテコール

病気の症状や特徴は?
腎臓の機能が低下し、老廃物を排出できなくなる病気です。進行性の病気で尿毒症などの症状にかかり命を落としてしまうこともあります。

血液検査の結果、慢性腎不全だと診断されました

我が家では二匹、兄弟のミックス猫を飼っているのですが、弟の猫の方がもう一匹に比べてやたらと水を飲む回数・量ともに多いことに気付き、不安になって獣医さんに行った際(ワクチン接種の時だったかと思います)に尋ねてみました。

血液検査の結果、慢性腎不全だと診断されました。生後一年くらいの時にそう診断され、かなり数字が悪いので、「この子はもうあと一年生きられないかもしれない」と言われ、目の前が真っ暗になってとてもショックを受けました。

フォルテコールで改善しました!

原因は遺伝ではないかと言われました。

かかりつけの獣医さんで購入した「フォルテコール」を一日一回、夕方のご飯を食べる前に一錠を半分に割って飲ませていました。

効きが良かったのか、服用から四年近くは数字も安定していました。

飲み始めてから検査するまでに半年程度ありましたが、その時には安定した数字が結果で出ていました。

現在は点滴での治療に切り替えました

薬の服用をはじめてから四年間は、それ以上検査の数字も悪くなることはありませんでした。

慢性腎不全は完治しない病気なので、これは望めるかぎり最良の結果だったと思います。

現在では数値が悪化し、服薬ではなく点滴での治療に切り替えていますが、それでも「余命1年」を乗り越えてもう5年以上、元気に一緒にいてくれます。

諦めずに根気よく治療に取り組み続ければ効果はあります。これからもそう信じて、愛情持って続けていきたいです。

ペットが病気になっても諦めないで!

我が家の猫が最初に腎不全だと診断された時に「この子はもうあと一年生きられないかも」と言われ、家族みんなが涙しました。

けれどその後、薬と食餌療法、その後は点滴への治療と切り替え、余命宣告から5年以上たった現在でも、元気に一緒にいてくれます。動物には「生きたい」という本能があります。

数字や、あと何年…という情報に気落ちして諦めてしまうのではなく、愛猫や愛犬の「生きたい」という気持ちを信じて、愛情をもってできるかぎり治療してあげてください。きっと応えてくれます。