ペット情報
  • 柴犬
  • 2歳
  • 4kg
  • 病名/乾性角膜炎
  • 薬名/ヴィジョティアーズ(人工涙液)

涙とまぶたがピクピクする愛犬

涙がいつも出ているように、目の周囲が濡れていることが多かったです。

最初は気にもしなかったのですが、次第にまぶたがピクピクするようになって、病気ではないか、と思い始めました。

犬自身も何か目を気にするような仕草が増えて、数週間その症状が続いていました。

「かわいいな」との思いから「かわいそう、早く助けてあげたい」との感情に変わっていきました。

次第に見ていることができなくなりました。特に何か訴えてくることも無かったので、余計に愛おしくなりました。

点眼による治療で完治しました

詳しい人に聴いたら乾性角膜炎ではないかと言われました。

時々まぶしがったりもしていました。本で調べてみると、細菌やウィルスの感染や物理的外傷、その他代謝障害などによって生じるとのこと。

専門家に診てもらったら、原因はウイルスの感染に拠るものだとわかりました。

知り合いに薬の種類を聴いて、自分でネットで調べました。

ヴィジョティアーズ(人工涙液)を1日に3回程度、2滴ずつくらい点眼し、常に目の周辺にゴミが付着してないかを確認していました。

1週間くらいでピクピクする感じは無くなり、涙も治まってきましたが、完治には3週間程度かかったと思います。

夢だったかのように元気にしています

徐々に症状は軽減してきていたので、「どうにかしてあげたい、愛おしい」との気持ちから次第に、いつもの「かわいい」、「一緒に遊びたい」との心境になっていきました。

少しづつ変化していく中で、病気のことも忘れがちになっていったこともあります。

完治してからは「本当に病気だったのかな」と思うほど元気なので、夢だったんではないかとさえ思っています。

やはり適切な治療をすれば、病気は必ず治っていくものだと認識しています。あまり心配しすぎるのも良くないなあと、今では思っています。

病気が治ると信じて適切な治療を!

やはり、一番は必ず治ると信じて早めに薬を使用することです。少しでも放置している時間が長いとそれだけ治りも遅くなります。

ペットが病気だと自分の気持ちも暗くなりがちですが、その気持ちを直接表さないことも大事かと思っています。

とにかく明るく接してあげましょう。明るく接していると病気も忘れがちで、そのうちに治っていきます。

暗くしていると、本当に時の過ぎるのが長く感じてしまいます。薬は絶対に効果があると信じて、大船に乗った気持ちで過ごしましょう。

治ってしまえば本当に夢の中の出来事と感じられます。