ペット情報
  • 雑種
  • 2歳
  • 5.5kg
  • 病名/寄生虫、瓜実条虫
  • 薬名/ドロンタール猫用、タブレット20mg

病気の症状や特徴は?
小腸に寄生する寄生虫。
大量に寄生していなければ症状も少なく分かりにくい。
お尻や排便に虫がついていて気付く程度だと思います。

猫のお尻から白い虫が次から次へと…

お尻か付近に白い粉状のものがついていて、寝床にしている場所に白ごまのようなものが大量に落ちていた為、ネットなどで調べた結果、寄生虫かな?と思い様子を見ていたところ…

お尻から白い米粒の半分くらいの大きさの虫が次から次へと出てくるので、行きつけの病院へ、連れて行きました。

猫自身は特に気にもしていなかったので良かったのですが、寝ていても虫が出てくるので、その虫の処理が大変でした。排便にも虫が大量に付いていたので厳重に何重もの袋へ入れて処分しました。

投与してから数時間後には効果がでました

野良猫だったので、親猫から貰ったものではないか?と、獣医師さんからは言われました。

寄生虫の卵を食べたノミが猫の皮膚につき、猫が毛繕いをした時にそのノミが体内に入ると卵が体内で孵化し、成長する。と言うことです。

病院で処方された薬を、食中1日1回、3日後にもう一度の計2回の投与。

1回目で数時間後の排便に大量の寄生虫の死骸がついてましたが、念の為に3日後にもう一度投与しました。

2回目の投与後の排便には虫がついていなかったので完全に駆除されたと思います。

今後は寄生虫に気を付けたいと思います

寄生虫は殆どの野良猫にはあると思うのですが、実際に目の前にすると色々な心配が過ります。

子猫だったので、寄生虫に養分を吸収されて成長が遅れてしまう事もあるので、なぜもっと早く気付いてあげられなかったのだろう…と思う事もありました。

今ではとても元気に大きく育ってくれたので安心していますが、またどのタイミングで寄生虫の卵を口にしてしまうか…と言う心配はつきませんので、野良猫など触る時は気をつけようと思います。

野良猫を拾ったら、必ず獣医師に見せること!

野良猫を拾った時は、必ず獣医師に見せてあげてください。寄生虫の症状がなくても、一度は駆虫薬の投与をした方が良いかと思います。

あとから寄生虫の症状が出てくると眠れない日々を送る事になってしまうのと、子猫の場合は体への負担もあると思うので、必ず投薬をするのをオススメします。

ペットショップで買っても、一度健康診断も兼ねて獣医師に診てもらうのが、飼い主にもペットにも1番の安心だと思います。かわいい家族なので定期的な検診をしてあげるのが1番ですね。