ペット情報
  • MIX(チワックス)
  • 5歳
  • 5.6kg
  • 病名/てんかん
  • 薬名/コンセーブ25mg

散歩中にいきなり痙攣を起こした愛犬

3年前の散歩中、いきなり痙攣を起こしすぐに病院連れて行ったところ、散歩中にもしかしたら除草剤などを舐めたかもしれないということでしたが痙攣が収まった為帰宅。

後日また痙攣を起こした為、携帯で動画を撮影し、動画を医師に見せたところ、てんかんと診断されました。

いきなり発症したので、とても動揺し、もしかしたら死ぬかもと思うと身体が震えました。

チワックスなのでダックスフンドのように腰のヘルニアには注意していましたが、癲癇については気にしていなかった為、これからどうすれば良いのか不安になりました。

コンセーブ25mgを与えてから発作が治まりました

原因不明ですが、突発性てんかん好発犬種にダックスフンドが含まれているので遺伝的なものだと思います。

治療方法として「犬用抗てんかん薬コンセーブ25mg」を朝、夜に一錠ずつ与え、食事療法も試しています。

月1・2回は必ずあったてんかん発作が、コンセーブ25mgを与えだしてから現在まで一度も発作がありません。

効果を感じたのは1ヶ月目です。てんかんは一生ものと思われるので完治はしないと思っています。

愛犬を思いやる気持ちが増しました

飼い主としては、発作中の愛犬の苦しんでいる姿を見ることがないので、精神的負担がかなり減りました。

昔はドックフードとたまに茹でた鶏肉などを与えていましたが、現在はドックフードに肉や魚をトッピングするなど愛犬のことをもっと考えるようになり、飼い主として何が出来るかと昔よりちゃんと考えるようになりました。

悩んでいることは、昔のてんかんの薬より副作用が少ないと担当医師より説明を受けましたが、長期的な投薬を行うことになると思われるので、愛犬への身体の負担が心配なこと。

ペットに負担のない治療方法を!

てんかん発作中の愛犬を見るのは飼い主にとっても精神的負担が大きいと思いますし、発作のたびに、愛犬の脳や身体へのダメージが積みかさなるので、少しでも脳や身体へのダメージを積み重ねないよう発作を減らしていかないといけないと思います。

食事療法やアロマなどネットには色々な情報が溢れて何がよくて何がダメなのか沢山書いて、飼い主にとっては悩ましいですが、愛犬の様子や好みなどを見て少しずつ脳によいことを試したら良いと思います。

長期的な薬の投薬と聞くと将来的に愛犬の身体的ダメージがないかとてと不安になりますが、獣医とよく相談しながら投薬し薬と上手く付き合って行けばよいと私は思います。