ペット情報
  • 雑種
  • 8歳
  • 8kg
  • 病名/特発性膀胱炎
  • 薬名/コンベニア注

飼い猫が特発性膀胱炎に…

トイレに何度も行き排尿姿勢をとるが、トイレ砂に尿を確認できないことが分かった。

家族に預けていたため、トイレの回数を確認したところ、把握していないとのこと。

元気はあるが、雄猫でもあったため尿結石の可能性も考えて病院へ行く判断をすぐにした。

尿が全く出ないと致命的だと知っていたため焦っていたが、本人が食欲ありで元気にしていていたこともあり少し落ち着いて対応できた。

過去に飼育していた猫が同じ病気にかかっていたため、猫の尿路疾患は多いと知っていた。

病院では特発性膀胱炎と診断されたが、膀胱内に尿が溜まりすぎた状態にはなっていないことが分かり安心した。

皮下注射で2週間後に完治

特発性のため原因は特定できていないが、ストレスでの発症が多いとされている。

家族に預けていつもの環境とは違う生活になり、トイレに行く回数自体が減ってしまったというストレス性のものだと思われる。

動物病院で皮下注射(コンベニア注)をしてもらった。一回のみ。

その後は2週間後に経過観察し完治していたが、しばらくはpHコントロール0を与えるよう支持を受けて半年ほど与えていた。

2、3日後には通常の排尿生活リズムにもどり、2週間後の再診で完治が確認された。

すぐに治ってくれて良かったです!

すぐに治って元気にしてくれていたので、すごくほっとした。今後は生活環境に注意してストレスを少なくするように気をつけようと思った。

一度膀胱炎になった猫は再発しやすいと聞いているので、今も与えるフードのないように気をつけたり、猫がトイレに入った後は尿量をチェックするようにしている。

どんな病気もそうかもしれないが飼い主が早く気づくのが大事と言われたので、日頃のチェックを意識するようになった。

それまで病気のない子だったので、病院が開く時間を待つまで怖かったことはよく頭に残っている。

症状に気づいたらすぐ動物病院に!

治らない病気ではないでずが、なりやすい病気であり再発しやすい病気です。とくに愛猫が何度もトイレに入って苦しそうにしているのを見るのは辛いことかと思います。

早めに症状に気づいたらすぐに動物病院へ行けばまず早くに治ります。

とにかく落ち着いて猫の様子を見てあげることと、猫は内服を飲ませるのが難しいので注射を打ってもらうといいう手があることも知っておくといいかと思います。

結果として猫にも飼い主にもストレスなく治療を続けられます。私は今回注射薬であるコンベニアを使用してもらえてよかったと思っています。