ペット情報
  • ミックス
  • 8歳
  • 4kg
  • 病名/挫創
  • 薬名/デルモゾールGクリーム5g

病気の症状や特徴は?
猫のニキビのようなものといわれました。顎にできたのですが、発赤があって、その部分は脱毛をしていて、じくじくした感じになっています。

飼い猫の顎を確認したらブツブツが…

普段から月に1回程度、レボリューションを塗布するときに、全身チェックをしているのですが、そのときには気づきませんでした。

猫が高いところに上ったとき、顎の下がみえて、あれ?と思いました。

で、捕まえて、顎を確認したところ、なんだか、5mm程度の大きさのブツブツができているのを発見しました。

いつもきちんとチェックしているのに、気づかなくて、ごめんなさい、と思いました。病院に連れて行かないと、とすぐに思いました。

薬を塗って完治しました

人間のニキビと同じようなもので、猫はこの部分は自分できれいにすることができないから、できた、といわれました。

治療方法は病院で処方された「デルモゾールGクリーム5g」を二週間、1日3回、患部に手で塗る、という方法です。それによって、少しずつ、小さく、きれいになってきました。

1週間くらいでかなり小さくなりました。とりあえず、パッと見た感じ、完治していると思います。

再発しないように気をつけています

その瞬間に大喜び、というような、そんな病気ではないので、大きな気持ちの変化はありません。

ただ、治らない場合は別の悪性疾患である可能性も考えないと、ということでしたので、その点では安堵をしました。

また、ニキビでしたら、再発することも充分考えられることであるため、猫は自分で自分の体をきれいにすることができる、と思わず、顎など手入れのできないところは、飼い主も気を配ってやらないといけないと反省をしました。

出来物などを発見したら、すぐ病院へ!

獣医師に言われましたが、まれに悪性疾患であることも考えられるので、素人判断をすることなく、発見したら早めに病院に連れていくのが一番です。

また、日ごろから猫の全身状態については、定期的に観察をする必要もあると思います。

獣医師に言われたのは、こんなのが昨日できたわけがない、と思うのだが、飼い主に聞くと、それまではなかったと言い張る、と。やっぱり、一番身近にいるのは飼い主で、物がいえない猫たちのことを思えば、しっかりと健康管理を飼い主がしないといけないと思います。