ペット情報
  • 雑種
  • 2歳
  • 6kg
  • 病名/膀胱炎
  • 薬名/ビクタスss錠20mg

病気の症状や特徴は?
おしっこが出なくなる。排出されなかった尿は体内に再吸収され、雑菌が体内に回る事で体調が悪化する病気です。

異常行動を繰り返す飼い猫

まずはじめに気付いたのは、猫が落ち着かない様子で家の中をぐるぐる歩き回り何度もトイレに行っては出るを繰り返していたことでした。

いつもは寝るのが大好きな猫でこちらがおもちゃで誘っても運動をしないぐらいの猫だったので、ずっと歩き回るという行動に違和感を感じました。

そこでトイレに行く様子を観察していたところ、トイレに入って踏ん張ってたものの何も出ていなかったこと・トイレがうまくできないストレスで猫砂を箱の外に思い切り飛び散らせていたこと。

それらの2つを見ておかしいなと思いました。また、何度か私(飼い主)のところにきて、何か言いたげに鳴いて訴えたりもしていました。

とても不安そうに鳴いて異常行動を繰り返すので、飼い主としては「とにかく早く病院に連れて行かないと」とかなり不安な気持ちになったのを覚えています。

薬で4日後には完治したようです!

病気の原因は大腸菌のような雑菌が膀胱に入りこんだからでした。獣医さんいわく突発性の病気であるとのことです。

積極的にお水を飲ませることや雑菌が増えないようトイレを清潔に保つことは推奨されているものの、必ずしもそれが原因とは限らないそうです。

まずは、動物病院で処方されました「ビクタスss錠 20mg」を1日に1錠、食後に餌などにまぜて飲ませました。5日分処方され様子見のあと、もう一度病院に連れて行って問題がなければ投薬終了でした。

その時は効果があったので再診してもらい問題がなさそうなのでそこで薬も通院も終了になりました。

それまで相変わらずトイレの前をウロウロしていたのですが、1日目に食後に1錠飲ませたところ30分ほどでまったくトイレに行く様子がなくなりました。

投薬後すぐに排尿ができたわけではありませんでしたが、いつも通りに窓の外を眺めたり寝床で寝て過ごしていました。

けれど半日ほど経つとまたトイレ行動が始まったので、一晩トイレのそばで寝かせた後2日目も投薬。

同じように一旦落ち着き、水分の多いパウチのフードを与えていたところ少しづつ排尿ができるようになり4日後には完治したようでした。

再発しないことを願っています

まず、おしっこがこのまま出なかったらどうしようと不安でした。ネットで情報を検索してみると膀胱炎はひどいと毒素が2日で体に回るので死に至ると読み、ものすごく不安になりました。

一方で病院に行って獣医さんが冷静に受け答えをしてくれているので少し安心し、投薬後に目に見えて効果があったのでこれなら大丈夫だろうと安心できたのを覚えています。

膀胱炎については繰り返しなる病気だと聞いているので、再発しないという点では現在も不安に思うことはあります。

膀胱炎の症状がみられたら、すぐに対処を!

膀胱炎は比較的猫にとってよくある病気の一つのようですが、実際にその時の猫の落ち着かない様子を見るとかなり不安になると思います。

我が家の猫の場合はおしっこは出なくてもうんちのほうは毎日出ていました。それでもみるみるうちに具合は悪化していたので、すぐに対処してあげることが大切だと思います。

きちんと処方すれば効果のある薬がありますので、あまり飼い主さんが不安になりすぎず、猫がなるべくリラックスして過ごせるよう落ち着いた対処をしてあげてください。