ペット情報
  • ミックス
  • 3歳
  • 3.5kg
  • 病名/瓜実条虫症
  • 薬名/プロフェンダースポット0.7ml

病気の症状や特徴は?
ネコの体内に寄生する寄生虫で白いひも状の虫です。
子猫の場合、栄養失調により発育障害を招く場合があります。

飼い猫の口から白いひも状のものが…

保護猫として愛護団体から譲り受けた子猫でしたが、来た時から食欲がなく、あまり元気もないように感じていました。

新しい家に慣れていないため警戒しているのかと思っていましたが、家に来てから一度も鳴く声を聞いたことがないことから病気を疑い始めました。

決定的になったのは、咳き込んだ時に口から白いひも状のものが何本も出てきたことです。

よく観察するとひも状のものはウネウネと動いているのが分かりました。

あとから調べてわかりましたが、普通は便に交じってでてくることで飼い主が気づくことが多いようです。

口から出るのは稀なことで、喉のところまできているわけですからきっと苦しかったと思います。

とにかく不安で早く病院に連れていきたい気持ちでいっぱいでした。

投薬後、元気に回復しました!

原因はこの虫のいるノミをグルーミング等で飲み込んだためと聞きました。

治療方法は動物病院で処方された「プロフェンダースポット0.7ml」を首筋に垂らすスポットタイプの薬です。

1回目の投薬から2週間後にもう一度同じ薬を投薬しました。

最初の投薬から虫は出てこなくなり、食欲も回復し、元気に遊ぶようになりました。

それ以降、虫はみていません。

薬が効いて本当に良かったです

小さな声を聞けたときは本当にうれしかったです。かわいい顔に違わず、なかなか低い声をしていて笑ってしまいました。

食欲も戻り、ボリボリといい音をさせながらドライフードを食べてくれて嬉しかったのを覚えています。

とにかくホッとしました。命にかかわるような病気ではなかったことが本当に安心しました。獣医の先生にも良く効いたお薬にも感謝しています。

二度と同じことがおこらないように部屋の掃除や(ノミの駆除のため)フロントラインなどのノミの駆除薬をかかすまいと思いました。

何かしら異変を感じたときは早めの受診を!

とにかく何かしら異変を感じたときは、早め早めに動物病院を受診したほうがいいと思います。

素人の自己判断では、かわいいペットを苦しめることになりかねません。

そして普段から、部屋や、猫が接するベットなどよく掃除をして清潔に保つことも病気の予防には必要だと思います。

特に多頭飼いをしている場合は、虫がでた子だけでなく、共に暮らす子にも同じ薬を投薬したほうが良いようです。

うちは二匹いるので、虫が出てない子にもつけてあげました。