ペット情報
  • ミニチュアダックスフンド
  • 15歳
  • 5kg
  • 病名/白内障
  • 薬名/カリ―ユニ点眼液0.005%

病気の症状や特徴は?
目が白くなり、物によくぶつかるようになる。

目が白くなり、物にぶつかるようになった愛犬

もともと目が悪く生まれたため、物にぶつかったりすることはありましたが、部屋のレイアウトを覚えているからかぶつかることは少なかったです。

しかし目が白くなってきて以前に比べ、物にぶつかることが多くなりました。私は看護師なので年齢も重ねてきているし、もしかしたら白内障なのかな?と動物病院に連れていったのが始まりでした。

長年一緒に暮らす家族として悲しく、元から悪かった目がより悪くなりかわいそうだ、というのと同時に悲しくなりました。

白内障の進行を遅らせるための治療を開始

原因はやはり加齢ということでした。

とりあえず動物病院で処方された「カリ―ユニ点眼液0.005%」を1日2回点眼しています。

手術にて完治させる方法もありますが、老犬のため点眼による内科的治療になりました。現時点で3年程点眼薬を使用しています。

そもそも白内障は手術でしか完治しないものです。

そして、点眼薬を使用しても良くなることはあまりなく、進行を止めるためのものなので期待はしていません。

しかし、長年一緒に暮らす家族としては、悲しいです。白内障が発症した当初は物にぶつかることが以前に比べ多くなりましたが、現在は目が見えにくくなったことに慣れたのか、日々の生活には特に支障はないためそれだけが救いです。

人間と一緒で老いると何かしら病気になるため仕方ないと思うようにしています。

部屋の模様替えはなるべく控えること!

私の愛犬は部屋の間取りや家具のレイアウトを覚えているため、模様替えをすると物にぶつかることがとても増えます。

しかし、私の都合で引っ越しをした時に新しい家で部屋を歩きまわり、部屋の間取りを覚えなおしていました。

そして、家具を置いてからも、物にぶつかりながらではありますが、少しずつ部屋のレイアウトを覚え、今ではあまり物にぶつからず過ごしています。

部屋のレイアウトをあまり頻繁に変えると物にぶつかることが増えてしまうと思うので、部屋の模様替えはなるべく控えることが愛犬にできる最大限の配慮かなと思います。