ペット情報
  • 雑種
  • 3歳
  • 4kg
  • 病名/気胸
  • 薬名/強心剤,ビタミン剤,栄養剤

ある日突然、呼吸が荒くなった飼い猫

胸に外部からの圧迫か何かの影響で呼吸をしても空気がもれて、肺に酸素をとりこめてないので呼吸が荒くなりました。

体温も下がったり少し動くだけでも心臓に負担がかかり、呼吸が荒くなるので歩くのも精一杯なくらい弱ります。

もともとよく寝る子だったから最初は寒いからずっとあったかいところで寝てるんだろうな、とそれくらいしか思ってませんでした。

猫がご飯を少しずつ食べなくなってるのに気づき、ある日いきなりきつそうな声で泣き出して抱いて様子を見ているとずっと寝てばかりなのに呼吸が荒くなり、身体も冷たくなってきたので病院に連れて行くと気胸と判断されました。

前の日には子ども達と追いかけっこをしたり元気だったのに急に症状が悪化し、半日で弱りはて治療もしましたがそれから2日後には亡くなってしまいました。

気胸の原因は我が子でした・・・

原因はおそらく、うちには小さい子どもがいて、よく遊んでたので上に乗って胸に強い圧迫を与えたのだろうとのことでした。

治療方法は病院の先生による注射での投薬とご飯を食べることもできなくなっていたので、ビタミン剤や栄養剤を通院して注射による投薬でした。

症状が重かったので亡くなるまでの二日間の投薬でした。

強心剤は病院に行った時吐いてしまい、その時に血を吐いて死にかけたので呼吸をなんとか自分でしようとしてたので、心臓を強くするために打ってもらい三時間か四時間後には自力で座れるくらいまでは回復してました。

今は後悔の気持ちしかありません。

前の日まで元気にしてたのに急に元気がなくなり、すごく心配になりました。

寝込んでしまった時もずっと心配でいつ呼吸が乱れて危ない状態にならないか、心配で不安で夜も寝れないくらいでした。

もっと早くに病院につれてってあげてたら、自分がもっと様子をみといてあげれてたら…と後悔ばかりが残っています。

苦しそうな姿を見るのは胸が締め付けられるくらい、悲しくて亡くなってしまったので助けてあげられなかったのが悔しくてたまりません。

ペットの様子を観察してあげて下さい!

猫は本当に飼い主にわからないように頑張ってぎりぎりまでうったえないようなので、毎日ちゃんと様子を観察して、少しでもいつもと違う様子があればすぐに病院につれて行ってあげたほうがいいとおもいます。

小さいお子さんがいたりしたら上に乗ってしまわないようにちゃんと見張ってたがいいとおもいます。

また自分も気づかず踏んでしまったりということでもなるかもしれないので本当に気をつけてほしいです。

大切なペットは1日1日様子を見て大事にいつでも異変にすぐわかってあげられるようにしてあげてください。