ペット情報
  • シベリアンハスキー
  • 10歳
  • 24kg
  • 病名/糖尿病
  • 薬名/インスリン

病気の症状や特徴は?
血糖値が一定の基準より高い状態になり、白内障や腎臓病肝臓病、感染症など、様々な合併症を引き起こします。

愛犬の尿から甘い臭いがしました…

4歳で引き取った頃から肥満体型だったので、尿や糞の状態を日頃から観察していました。

おしっこシートの片付けをしている時、尿の臭いが甘い臭いだと気付きました。

それが数日続き、水を異常に沢山飲んだり、排尿の回数も増えた為、尿検査の為に病院へ行き糖が出ている事が分かりました。

目にも白内障の症状が出て来ていたので、本格的に治療を開始することになりました。

生まれてから4年間の間にどんな飼い主で何を与えられていたかは分かりませんでしたが、人間が大好きで病院でも物怖じしないとても賢い穏やかな犬なので、病気を少しでも楽にしながら、この子の性格を守っていける様に、最期まで付き添っていこうと改めて思いました。

インスリンで治療中です

生まれた頃のデータが分からないので先天性の疾患かは分かりませんが、肥満、運動不足もあるかと思います。

治療方法は、1日2回毎食後、後頭部と背中の間に注射器でインスリンを投入します。糖をコントロールして血糖値を下げるのを助ける為です。

2週間から3週間置きに病院で血糖曲線を計っているので、まだインスリンの量は決まっていません。

少しずつ増やして行き、基準値に合う量を検査している段階です。現在は、11.5単位です。

見た目はとても元気に見えますが…

お散歩も行くし、食事も沢山食べます。見た目はとても元気に見えます。でも、体内は正常ではないので、体がしんどい時もあるはずです。

白内障も進行しているので見えない恐怖もあると思います。

言葉を話せない分、私が思うその何倍も苦しい思いをしていると思うと、代わってあげたいといつも思います。

せめて痛みのない様に注射もしてあげたいし、苦しくない様にコントロールもしてあげたいです。

沢山楽しい事をして楽しい音を聞いて、毎日が楽しい思い出でいっぱいにしてあげたいです。

ペットに優しく接してあげて下さい!

ペット達は、人間の気持ちを読み取り、悲しい気持ちでいると、彼らも悲しくなり寄り添いますよね。

自分が悪い事をしてしまったんじゃないかと勘違いをして、もっと悲しい気持ちにさせてしまう事もあります。

注射や目薬を嫌がる時は、焦らず時間を置いて、お水を飲んでる時やおやつを食べている時にいつの間にかに終わらせるといいと思います。

あの注射針は人間用のと同じなので痛いです。揉んで痛みをほぐしてあげるのは、意外と重要です。生活を楽しんでください。病院も楽しんで下さい。