ペット情報
  • 雑種
  • 17歳
  • 4kg
  • 病名/結膜炎
  • 薬名/オフロキサシン点眼液

病気の症状や特徴は?
目が開かなくなる、赤くなる

目にゴミが入ったのかと思っていたら…

片目だけを、しょぼしょぼさせていて、開かなくなっていました。少し涙も出ていました。目やにはありませんでした。

これまでにそういった症状になったことはなかったので、最初はゴミが入ったのかと思いしばらく様子を見ていたが改善されず動物病院に連れていったところ判明しました。

高齢な猫なので何があるのかわからないので不安はありましたが、猫は目が開かないだけで食欲もあり普通に動いていたので緊急性は、ないと思い様子を見ることはできました。

点眼薬で完治しました!

原因ですが、他の猫とじゃれていて、爪が目にあたり炎症になったのではないかと獣医師に言われました。

治療は動物病院で処方された「オフロキサシン点眼液」を1日三回、1滴ずつ点眼しました。

2日くらいで効果があり、一週間位で完治しました!

点眼時に抵抗されましたが完治して良かったです

抗生剤ということで長期に使用しなくてはならないかと思いましたが、思っていたより早くに効果が現れて完治したので良かったです。

やっぱりお医者さんで処方されるお薬は効果が早いと思いました。

また猫も点眼には抵抗しまたし、目薬の袋を持つだけで逃げ出すという苦労はありましたが、キチンと投薬しなければ効果が出ないと思い頑張ってやりました。

やっぱり動物に目薬なんてと飼い主としても、最初は少し抵抗もありましたが、人間と同じような治療が必要なんだと思いました。

気になる症状を見つけた場合は動物病院へ!

まず、ゴミが入った程度と思っていても、うちの猫のように実は結膜炎だったりと病気が隠れていたりするので動物病院に行くのが一番だと思います。

うちは他の猫もいて動物病院にはよくお世話になっていたので相談もしやすかったですし、飼い猫の変化にも、そして原因にも直ぐに判明して、素早い処方にも繋がったと思います。

また猫は薬にとても抵抗します。

時間をかければ、猫も飼い主も慣れてきますが、それまでは上手くいかないし、猫は逃げ回るし、薬はちゃんとやらなければと焦ります。

諦めずに、また上手くいかない時は動物病院に相談すると色々とアドバイスが貰えます。