ペット情報
  • 日本猫
  • 9歳
  • 2.5kg
  • 病名/腎不全
  • 薬名/フォルテコール2.5mg

1年前に腎不全と診断されました

食欲が以前より少ない気がする、と感じてから注意して観察し始め、多飲多尿であることに気づきました。

元々、やせ型で、食欲旺盛な方ではなかったのですが、いつもより行動範囲も少なく、元気もないように感じたので、受診しました。

血液検査の結果、腎機能の3分の2が失われてるので、これ以上悪くならないよう、進行しないように保つ、対症療法を行う必要があるとのことでした。

過去に、動物看護の経験があったため、猫が腎不全になる割合は多いのは分かっていたが、いざ自分の子が、、となるとかなり落胆しました。

治療で食欲が回復しました

特に外傷や基礎疾患がなかったため、遺伝性の可能性が高いとのことでした。

処方された薬は「フォルテコール2.5mg」です。

朝食に錠剤半分にしたものをそのまま混ぜているほか、2日に1度自宅皮下点滴で脱水改善と老廃物排出の手助けをしています。

皮下点滴と薬によって、1週間もしないうちに食事を残すことはなくなった。

2ヶ月に1度の血液検査の結果、数値も悪くなっておらず、今は元気に過ごしています。

腎不全は完治していませんが、悪化もしていません。

余命2~3年と言われましたが・・・

薬も皮下点滴も欠かすと、苦しんだろうな、気持ち悪いんだろうなと思うので、毎日自宅で飼い主に針を刺されるのが嫌だろうが頑張ってもらっています。

病院では、気づいてからは2~3年が平均寿命だと言われているが、点滴や薬を欠かさなければ、倍以上または平均寿命近く頑張っている子も多いので、希望を持っている。

ただ保険なども未加入だったため、経済的に少し負担が増えたが、元気に食べ、おもちゃを追いかけているのを見ると、続けていこうと思っています。

腎不全の治療期間について

腎不全は分かってからが長い戦いになる病気だと思います。診断を受けた時はやっぱりかと、心構えしていても涙しました。

ただ、今まであったであろう胃の不快感や倦怠感を取り除くことができると、手段がわかって、前向きに向き合っていこうと思えました。

点滴や薬、処方食で、できるだけ、本人に負担なく寿命を延ばせる方法があるの病気なので、諦めず、悲観的にならない方が良いかと思います。

長期戦になるので、経済的には多少負担にはなりますが、命には変えられないと思います。