ペット情報
  • ヨークシャテリア
  • 15歳
  • 2.6kg
  • 病名/腎不全
  • 薬名/ネフガード

健康診断で腎不全が発覚した愛犬

10歳を超えていたので、老犬だから健康診断を受けさせようと家族で話し合い、健康診断を受けさせたことがキッカケです。

そのときは数値が基準よりも少し高い状態くらいで、日常生活に何か変化が見えたわけでもなく、病院の先生にも処方される薬を飲んでおけば大丈夫という話を聞いたので、悲しい気持ちにはなりました。

犬も人間と同じ生き物なので仕方ないことなんだな、愛犬の為にも病気が悪くならない様に努めよう。と受け止めました。

3年間、治療を続けました

原因はわかりませんでした。インターネットでも調べたのですが、よくわからなかったです。

ただ、犬も歯が大事で、歯からいろんな病気になるみたいで、愛犬は私たち家族がデンタルケアを怠っていたせいで歯にたくさん歯石が溜まっって、病院で何回か取り除いてもらったことはあるけど、もう歯もグラグラして、前の方の歯は上下全部なくなってしまっていたので、それも原因の一つになるのかなと思っています。

治療方法としては、病院で処方された「ネフガード」を夜ご飯のドッグフードの中に混ぜて与えていました。

愛犬が亡くなるまで3年間毎日与えていました。その薬は良くなるというよりは現状より悪くしないための薬だったので、その後は数値は上がることなかったです。

もし、腎不全でなければ…

愛犬は約15歳と6ヶ月で亡くなりました。

原因は、老犬で複雑に骨折してしまい手術をしたことで、体に負担が大きかったのだと思います。

老犬で腎不全という病気を抱えているのに、リスクがある麻酔をしなくてはいけなかったこと、手術は成功したけど術後に体調を崩し元気がなくなったこと・・・

腎不全になっていなければまだまだ元気に走りまわって生きててくれたのかなと思います。

犬を飼うということは、大きな覚悟と知識が必要なんだと強く思いました。

病気になる前にしっかりサポートして下さい!

犬も生き物なのでいつどんな病気になるかわかりません。病気になることは仕方のないことなのかもしれません。

だけど小さなことかもしれないけど、何か対策はあると思います。

病気になる前に、愛犬が1日でも長く元気で生きていけるように、犬を飼うための知識を付け、病気にならないように過ごさせてあげることが大切だなと思います。

昨日まで元気だった愛犬が苦しんでいる姿、弱っていく姿、見てから後悔するのでは遅いです。愛犬も大切な家族の一員なので、しっかりサポートをしてあげましょう。