ペット情報
  • アメリカンショートヘア
  • 4歳
  • 4kg
  • 病名/食道炎
  • 薬名/ナイアシン(ビタミンB3)

飼い猫が半年前に食道炎になりました

食事は、私たちと一緒にたのしく食べていた猫が、なかなか食べる事なく、また食べても吐き出すようになってしまったのです。

わりと突然この症状がでたので、当初は風邪でもひいたのかなと思っていたのですが、カーペットの上に座ったまま衰弱していたのです。

普段、しつこいくらいまとわりついてくる猫が、私に知らん顔でこんな態度を取る事だけでもびっくりだったのです。

焦って病院に連れて行き、調べたところ食道炎と言われました。

約1週間で症状が落ち着きました

原因は食道を傷つけるような非食品を摂取した可能性があるとのこと。

食べ物を食べても、直ぐに吐き出して、ビタミン剤を飲ましてしのぎました。

食事の時に流動食も与えつつ、合わせて投入しました。

この効果かどうかわかりませんが、徐々に食事を吐き出さなくなりました(1週間くらいで元に戻りました)

重症化しなかったのが救いです

やはり普段、家に帰ってくると、しつこいくらいにまとわりつく私の猫。

それが、これだけ近寄ってこず、カーペットの上で座り込んでいるということは、かなり具合悪かったのではないかなと思います。

食事も食べては見たものの、すべて吐き出すなんて、人間でも苦しい症状だったと思います。

ただ、今回すぐに病院に連れていき、重大なことにならなかったのは救いです。

これで、少し太り気味だった猫もスマートになったかななんて、完治した後は笑いながら話していました。

部屋の中にある物にも注意!

突発的な病気ではありましたが、今回の件は異物混入がその原因ではないかと思っています。

普段、食べ物以外を口にしないと持っていた私の思い込みが、今回の病気に繋がってしまったかもしれません。

部屋の中の小さいものは再度棚の中などにしまい注意するようにしましたが、同じように部屋の中で猫を飼っている人は小物などに注意してもらいたいと思います。

今回の件は食中毒とは違うと医師にも言われましたが、まさに普段から注意が必要です。