ペット情報
  • ミックス猫
  • 8歳
  • 3.2kg
  • 病名/猫ざそう(猫にきび)
  • 薬名/ヒビクス軟膏

飼い猫の下顎に黒いポツポツしたものが・・・

5年前の話ですが、うちの猫が下顎に黒いポツポツがちらほら見えるようになって、ペット用の顎拭きできれいにしてあげても、繰り返しカサブタになったことで病気かもしれない、と気づきました。

ネットで調べて、猫にきびと呼ばれている皮膚病の可能性が高いことを知り、あわてて動物病院へ。

ドクターから猫ざそう(猫にきび)だと診断されるまで、「なにかもっと深刻な感染症だったらどうしよう」と、とても心配でした。

また自分のケアの仕方が良くなかったのかも、とくよくよしました。

薬を塗っったら改善されました!

下顎部分は猫が自分でしっかり舐めて手入れができないので、分泌物や汚れが毛穴につまって発症するそうです。

猫の種類や年齢は関係なく、環境やストレスによる体調の変化に関係があるとのこと。

ペットショップ併設のホームセンターのペット用品フロアで「ヒビクス軟膏」を購入(動物病院で教えてくれました)

1日1回、5日間、部位をきれいにしてから塗布しました。

舐めてしまわないように、食事やトイレをすませて眠るときを見計らって塗布。

3日目あたりで、掻いてしまったところがきれいになってきて、増えなくなりました。

カサブタの掻き壊しがきれいになったので、5日間使用して終了。

その後はたまにカサブタができることがありましたが、薬を利用することなく現在に至っています。

日々のチェックが必要だと痛感

治ってよかった!という気持ちと、軟膏をなめてないかどうかちょっと心配な気持ちがありました。

それから、ウェットフードを食べた後は、顎の下を拭いてあげることを欠かさず続けて再発を防ぎました。

我が家の猫は完全室内飼いで、3種ワクチンも摂取しているので、感染症のリスクは低いのですが、言葉で訴えることのできないペットは、飼い主がいつも体調をチェックしていることが大事だと、つくづく思いました。

ちょっとでも心配なことがあったら、かかりつけの動物病院へすぐ連れて行くようになりました。

自己判断せずに病院で診察を!

猫にきびはどの猫にも発症する可能性があります。

慢性化や重症化、また他の皮膚疾患ということもあるので、素人判断はせずに、気になる症状がある場合は、すぐに病院へ連れて行くのが最善だと思います。

そのためには、ワクチン接種や健康診断で、信頼できるかかりつけの動物病院をもつことが大事です。

ドクターのアドバイスに従うことが治癒への早道です。

毎日のこまめなブラッシングやスキンシップの時に、毛艶や皮膚の状態をていねいにチェックすることも、大事に至る前に治療にアプローチすることにつながると思います。