ペット情報
  • 雑種
  • 10歳
  • 2.5kg
  • 病名/猫回虫、5年前
  • 薬名/レボリューション

病気の症状や特徴は?
毛玉が原因ではなく吐いてしまったり、下痢の回数が増え、体重が落ちる

嘔吐物の中に白い虫が…(驚)

普段は月に1回吐くか吐かないかというところで、その原因もいつも毛玉だったにも関わらず、急に嘔吐の回数が増えたあたりで、おかしいなと思いました。

元気がないように感じ、不安になっていたところで、嘔吐物の中に白い虫を見つけ、慌てて病院に行きました。

今2匹猫を飼っているのですが、この猫は最初に飼った猫で、病気をしたのも初めてだったのでとても不安でいっぱいでした。

もっと早く病院へ行くべきだったと後悔の念が止まりませんでした。

原因と治療方法

原因ですが、お医者様の話では、外に出たときに寄生虫をもっている鳥などを食べてしまったのではないかとのことでした。

治療方法はお医者様から紹介された「レボリューション」針がついており、それを首の根元に注射します。

月に1回の投与を3回行いました。1回目ですぐ体重が戻ったりするわけではありませんでしたが、徐々に戻っていきました。

3週間くらいで効果が出まして、3回目を打った3ヶ月目には完治しました。

あれから5年。今でも元気です!

改善したときは心からほっとしました。自分を責めることもあったくらいですが、当の本人は直ってしまえばけろっとしており、飼い主である私自身も元気になりました。

もう二度と同じ事が起こらないようにと、できる限り外には出さないようにしていますし、トイレを掃除するときにもよく見るようにしています。

その甲斐あってか、病気にかかってから5年たちますが今でも元気です。ただ、やはり隙をつかれて脱走されたときには、なにか食べているのではないかと安全面以外でも不安になります。

猫の体調不良には注意を!

自分を責めてしまう方もいるかもしれませんが、今後直せば良いと考え、自分を責めすぎない方が良いと思います。

きっと猫たちもそれは望んでいません。ただ、猫は自分の体調不良を隠すのが得意ですから、注意して見てあげたほうがいいと思います。

私の使った薬は本当によく効きましたし、錠剤を飲ませる苦労もしなくてすむのでおすすめです。

直るまで少し時間がかかりますが、よく見守ってあげてください。猫も心強く思うと思います。