ペット情報
  • 雑種
  • 12歳
  • 6kg
  • 病名/寄生虫
  • 薬名/ピペゲン錠

2年ほど前、糞の中に寄生虫を発見!

以前から猫に寄生虫がいることがあると聞いて知っていたので、糞に白っぽい小さな塊が入っていた事でそれだと思い、気がつきました。(成虫の一部だそうです)

虫下しを飲めば簡単に治るものだとも聞いて知っていたので、それほど心配はありませんでした。

この時は早い段階で気がつきましたが、気が付かないで長期間寄生虫がいるような状態になってしまうのはよくないと思い、猫のトイレの掃除の際にはしっかりチェックしておくことが大事だと思いました。

寄生虫の駆除方法

原因は不明ですが、外へも遊びに行くので、卵をどこかで付けてきてグルーミングで飲み込んでしまったのではないかと思っています。

相談した動物病院で処方された「ピペゲン錠」を1錠一回与えた後、数日間糞の観察をしました。寄生虫が出てこなくなったのを確認しました。

実際に何日で治ったのかは分からないのですが、一回の投与の後、糞から寄生虫が見られなくなったので、数日で効果があったのではと思っています。

寄生虫が消えて安心しました

まず、寄生虫を猫の糞から発見した時は、良くある病気とは知っていたものの驚きました。

お腹の中に寄生虫がいると思うと気持ちの良いものではありませんが、薬で治せるという知識は前もってあったので、それほど心配はありませんでした。

実際に本当に薬が効いてくれて一度で治ってくれてホッとしています。

また何処かで卵をもらってきてしまうかもしれないので、日頃からトイレや猫の調子を良く見ておく事が大事だなと痛感しました。

定期的に糞のチェックを!

まず、薬を飲めば治る病気なのでそれ程悩む必要はないと思います。

ただ早く発見するためには、日頃から猫のトイレやお尻をチェックして見たり、体調はどうなのか等、気をつけておいた方が良いと思います。(これは他の病気の発見にも同じ事が言えると思います)

錠剤を飲ませるのが大変な場合は、一回飲むだけでほぼ治るので動物病院で飲ませてもらうのも良いかと思います。

薬を飲んだ後はこまめに糞をチェックして寄生虫が出てこなくなることを確認するのが重要だと思います。