ペット情報
  • 日本猫
  • 20歳
  • 5Kg
  • 病名/急性腎不全
  • 薬名/輸液・ソルラクト

 

食欲がだんだんなくなり、ご飯を食べる量が減り、急激に痩せてきました。

毎日のように、嘔吐を繰りかえしていたので、とても心配になりました。

そこで、すぐに病院に向かい診察をしてもらいました。診察の結果は、慢性腎不全から急性腎不全に突然なったようです。

とても心配しました。病院から帰ると、家族みんな元気がなくなり、落ち込みました。

食事ものどをとうらないし、テレビもおもしろくない、お葬式のような雰囲気になってしまいました。

食欲が戻った!

病院から処方された「輸液・ソルラクト」を試したら、1週間くらいで徐々に食欲がもどり、1か月後にはご飯を食べる量が増えました。

今も輸液は続けています。

猫の元気な姿を見て、私達も元気になりました!

輸液治療を続けて、猫の具合が少しづつよくなっていくのを見ていたら、不安が和らいでいきました。

猫ちゃんが元気になっていくに連れて、私たちも元気になっていきました。猫の回復が私たちを、元気にしてくれました。

でも、腎不全は完全には治らないそうです。いつまた病気が悪化するかもと、いつも不安で心配でたまらないです。

あと何十年もいきてほしいと思いつつもいつか最後を迎える、お別れのときがくる、そう考えると、胸が痛くなる。

早く新薬が開発されるように願っています。

医療技術の進歩を信じて最善の治療法を!

もし大事なペットが、病気で苦しんでいたら、すごくつらいだろうし、心配になります。

ですが、今の医療の技術の進歩をすごいスピードで進んでいます。今できる最善の治療をすれば、必ずよくなります、元気になります。

少しでも、かわいい子たちに異変を感じたら、病院につれって行ったほうがいいですよ。

(できることは、すぐにやる)そうすれば、きっと良くなります。

だって、うちのかわいい猫ちゃん、20歳のおじいちゃん「危篤状態」でも、元気に回復したのですから。